キャラベースの「イオタSVR」にサンバーベースの「コカウンタック」! ちっちゃい自作カスタム4台の完成度に衝撃 (1/2ページ)

キャラベースの「イオタSVR」にサンバーベースの「コカウンタック」! ちっちゃい自作カスタム4台の完成度に衝撃

この記事をまとめると

  • ホンモノをゲットしたいけどできないことに気づいた大人が造った愛車を紹介
  • すべて本物をリスペクトしながらレプリカ製作を実行
  • 憧れを手にしたオーナーはもちろん周囲の人も笑顔にする唯一無二の存在に

スズキ・キャラベースのランボルギーニ・イオタSVR

 まず最初に紹介するのは、ランボルギーニ・イオタSVRのレプリカを造ってしまった金澤さん。住宅の外壁などを塗るペンキ屋さんを生業としていることもあり、持ち前の集中力と手先の器用さを活かし、スズキ・キャラをベースとしてイオタSVRに似せた唯一無二のレプリカを自作した。スズキ・キャラベースのランボルギーニ・イオタSVR

「マツダ・オートザムAZ-1よりもスズキ・キャラ(CARA)のほうが20万円ぐらい安くて、しかもキャラの新古車がいっぱい流通していたんです。それで、AZ-1ではなくキャラを購入しました」と金澤さん。キャラを購入したことをコンピューターに強い友人に報告し写真を見せたところ、パソコンを駆使してフロントマスクをイオタSVR風にモディファイしたその写真データを戻してくれた。スズキ・キャラ

 この出来事がきっかけで、金澤さんは本物が買えないなら自分で造ろう(!)とイオタSVRレプリカの製作を決意。当時フェラーリ288GTOのプロポーションも少しだけ気になっていたそうだが、初志貫徹でイオタSVRを造ることにした。スズキ・キャラベースのランボルギーニ・イオタSVR

 金澤さんは現在60歳で、40歳になるまで「いつの日にかランボルギーニ・ミウラかイオタSVRを買おう」と本気で思っていたそう。小学生のときに好きだった1歳上の女の子の名前が“ミウラ”さんだったこともあり、ランボルギーニのミウラやイオタSVRは、金澤さんにとってヒーローであり、ヒロインだったのだ。

 40代の前半からステージ1と呼んでいる初期モデルを造り始め、リヤを延長してチルトするフロントカウルを持つステージ2を50歳のときに完成させた。ステージ1の製作は鈑金屋にオーダーし、ステージ2は自宅のガレージで自作。金澤さんはペンキ屋さんなので、ステージ2は自分で外装を塗っている。スズキ・キャラベースのランボルギーニ・イオタSVR

 ちなみに、ステージ1の製作を依頼した鈑金屋はホンダ・ビートなどにも強いショップで、鈑金屋兼整備工場だったのだという。まず、友人がパソコンで製作してくれたイオタSVR風キャラの写真を見せたら「面白そうだね」と言ってくれたのでオーダーしたものの、8~9割ほど完成したところで作業がストップ。預けてから一年ほど経過していたこともあり、その状態で塗装してもらって引き上げてきた。スズキ・キャラベースのランボルギーニ・イオタSVR

 リヤカウルまでチルトする現在のステージ3は52歳のときに完成したそうで、自作したカウルの製作期間はフロントが2年、リヤが2年半ほどかかっていたそうだ。

「ステージ2とステージ3のカウルは、全部自宅でコツコツ造ったんです。まず、発泡ウレタンを削って型を造って、FPRで形を決めて、表面を削っていったわけです。とにかく大変でした」と振り返る。スズキ・キャラベースのランボルギーニ・イオタSVR

 こうして妥協することなく作り上げていったものだけに、プロポーションがよく、SSRのメッシュホイールを装着しているなど、カーマニアを唸らせるディテールを満載した夢のクルマがこの世に降臨した。まじまじと見ると、車体のセンター部分にベース車のキャラであったことを窺い知れる名残がある点がまた面白い。スズキ・キャラベースのランボルギーニ・イオタSVR

 エンジンは700ccにボアアップされているが、もちろん、12気筒エンジンを積んでいるわけではないのでファンネルはダミーだ。 紆余曲折の末に完成したので、ステージ3ができあがったときの思いは「オレ、よくやったなぁ」というものだったという。そしてなにより、イオタSVRを見てくれた人の感想で一番多いのが「これ、素人が作ったの?」というもの。「そうです、素人の私が」と伝えた際に金澤さん的にもっとも嬉しいリアクションは「うっそぉ~、DIYなんだね」という感嘆の言葉とのこと。スズキ・キャラベースのランボルギーニ・イオタSVR

 まだ手を加えたい部分があるそうだが、それをやり始めると乗れなくなるので、やらないそうだ。イオタSVRの製作で燃え尽きたこともあり、他車を造る気力は残っていないとのことだった。これからも金澤さんとイオタSVRのレプリカは、これまた自作したガレージを秘密基地としながら、世のクルマ好きを歓ばせていくことだろう。スズキ・キャラベースのランボルギーニ・イオタSVR

トヨタMR−Sベースのランボルギーニ・カウンタックLP500

 続いて紹介するのは、シンジさんが愛用しているランボルギーニ・カウンタックLP500レプリカの話だ。シンジさんは1966年(昭和41年)生まれで、スーパーカーブームのときはイエローのランボルギーニ・カウンタックLP400のことが好きだった。それはちょうどカウンタック LP400Sが出たころの話で、シンジさんは小学校5年生ぐらいだった。トヨタMR−Sベースのランボルギーニ・カウンタック

 時は流れ、1987年の第27回東京モーターショーでトヨタAXV-II(のちのセラ)、2年後の第28回東京モーターショーでマツダAZ550スポーツ(のちのAZ-1)が発表。シンジさんはAZ-1の発売を待って1992年に新車で購入した。このときに買ったブルーのAZ-1を現在も所有している。

 ほかにもシンジさんはカウンタックをデザインしたイタリアのカロッツェリアである、ベルトーネが外装の意匠を手がけたシトロエンXMのことも気になっていた。当時、新車は高価だったこともあり購入せず、1997年にユーズドカーを40万円で購入して以来、心底惚れてしまったXMはユーズドカーを3台乗り継いできている。シトロエンXMとオートザムAZ-1

 マツダ・オートザムAZ-1とシトロエンXMの2台態勢を維持しつつ、2000~2003年ごろにカウンタックを買おうかなと、ふと思ったことがあるそう。だが、カウンタックLP400の売り値はその当時ですでに2000万円と高額。さすがにその金額を用意することはできなかった。

「本物はすごく高価なので、レプリカもいいかな? と思ったんです。当時のレプリカって、アメ車がベースだったので切った貼った感がありました。でも、ニュージーランドにあったカウンテス社(キットメーカー)のカウンタックはホンモノに似ていて憧れていたのですが、製造中止になってしまったんです。昔から通っている懇意にしていたショップから、オリジナルで新たにトヨタMR-Sベースで造るようになると言われ、オーダーしました。でも、多くの人は1.8Lエンジンを積んでいるカウンタック・レプリカなんて、あり得ないんでしょうね。とくに海外の人はエンジンのパワーが重要。140psしかないエンジンなんてナンセンスだと思っているかもしれません」 トヨタMR-S

 そう話してくれたシンジさんは、どうせオーダーするならプロトタイプのカウンタックLP500がいいと思い、ショップにLP500はできますか? と聞いてみたら「できる」と言われたので、2017年6月にMR-SベースのLP500をオーダー。AZ-1は発売まで3年待ち、XMは5年待って買い、カウンタックは46年経って注文したのだ(レプリカだが)。トヨタMR−Sベースのランボルギーニ・カウンタック

「LP500は、ショーモデル兼走行テスト車だった本物がクラッシュテストにも使われてしまい、もはやこの世に残っていないので、1/1スケールで存在している場合、そもそもレプリカなんですよね。本物は5Lエンジンを積んでトラブルが出て、既存の4Lエンジンを載せたりもしていました。走行テストでは、ミラーとワイパーを付けたりし、ダクトも付けていたみたいです。どうやらクラッシュテスト時まで、全部付いていたようです」ランボルギーニ・カウンタックLP500

 思った以上に資料集めなどに時間がかかったため、2019年のお正月から造り始め、同年の9月に完成。ランボルギーニが公開している数枚の写真とプラモデルやミニカーを作っている人たちの資料しか存在していないので、1/24スケールのプラモデル制作と同じ作業を実践していった。

「ショップの人と話した結果、LP400レプリカ用の型をベースに、それを修正しながらLP500に化けさせていきました。問題はLP400からLP500にどう変えるか、ということですね。外装のディテールは、写真とミニカーを参考にして合わせてもらいました。プロモデラーによるLP500の制作過程を拝見したら、同じことをやっていましたね。こだわったのは、潜望鏡とインテークです。LP400との大きな違いは、そのぐらいですからね。LP400の潜望鏡が好きなんですよ。潜望鏡、エンジンフード、トランクフードという3つの台形によって構成されているリヤのスタイルが好きです」トヨタMR−Sベースのランボルギーニ・カウンタック

 外装については「ボディカラーが薄い色の場合、台形のなかでブラックになっている部分がすごく目立って活きるわけです。そのシマシマ加減がスーパーカーカードで見るとカッコよかったですね。テールランプはLEDで、自分でイラストを描いて造ってもらっています。ヘッドライトのなかは、往時の写真がないのでシルバーにしてみました」とも話してくれた。トヨタMR−Sベースのランボルギーニ・カウンタック

 制作スタッフにできるだけ負荷がかからないように妥協したという内装は、LP500のディテールを追求するとキリがないので、カウンタックの市販バージョンを参考にしているそうだ。ステアリングホイールはメーターの視認性をよくするためにヌッチオ・ベルトーネという名のアイテムをチョイス。スイングアップドアの構造などもLP400レプリカをベースにしている。ガラスはハメ殺しとし、パワーウインドウ機構をなくし軽量化。できるだけ低重心にしたほうがいいからだ。トヨタMR−Sベースのランボルギーニ・カウンタック

 窓はモールを貼って再現してあるだけだという。視界は普通のクルマの1/3程度しかなく、下も信号も見えない……。停車状態から公道に斜めに出るときや側道から本線に合流するときも、ほかのミッドシップ車と同じように後方をまったく確認できない。そういったこともあり、後方確認用のカメラとバックランプをナンバープレート付近に付けている。トヨタMR−Sベースのランボルギーニ・カウンタック

 そのディテールやスペックを列記すると、MR-SとLP500のホイールベースは偶然にもまったく同じで2450mm。LP500レプリカの全高は1050mmだ。4本出しマフラーはワンオフ。サスペンションはMR-Sのままなのでマクファーソンストラットとなる。70扁平タイヤとマクファーソンストラットなので、車高を下げきれていないが、本当はあと5cmぐらいフロントを下げたいとか。ミラーは、ビタローニのセブリング・レプリカだ。トヨタMR−Sベースのランボルギーニ・カウンタック

 そして、本物のLP500と同じようにフロントバンパーには長方形の穴を開け、カウンタックという車名を表示している。ちなみにフロントフード内にはパワーステアリングオイルとウォッシャー液の補充口がある。ホイールはカンパニョーロのリプロダクションで、じつはこれも高価なのだという。14本スポークホイールになっているが、本物は20本スポークで、前後の形状が異なる。トヨタMR−Sベースのランボルギーニ・カウンタック

 猛牛のマークを留めているリングは1個1万2000円もしたとか。エンジンは、排気量1.8Lの1ZZだ。FRP製ボディで、車重は1050kgとなる。

「ほかの何にも似ていませんからね。LP500を見ると、クルマ好きであればあるほど存在するはずがないものがココにある、と驚いてくれるのがいつものリアクションです。スーパーカーブーム全盛時に一世を風靡したコンセプトカーが街なかに現れることはないので、そこへの驚きもありますね。トヨタMR−Sベースのランボルギーニ・カウンタック

 自動車趣味人ではない普通の方々は、面白いことにディアブロもアヴェンタドールも全部カウンタックだと思っているんですよ。日本人はカウンタックが大好き。それに尽きると思います。ぼくの周りの人たちも、みんなカウンタックが大好き。このクルマは本当に特別な存在です」

憧れのスーパーカーやテレビアニメに登場したクルマに乗りたいけれど、いろいろと事情があり、さすがに本物をゲットできない人は多い。そんなとき、本物が買えないなら自分で造るか……と思い立ち、驚くべきことに自作&プロに頼んで造ってしまった人たちがいるのだ。