所有6年4回のリメイクで目指すは「VIPの女王」! 愛車もオーナーもフェロモンあふれ出す50プレジデント 【大阪オートメッセ2022】 (1/2ページ)

所有6年4回のリメイクで目指すは「VIPの女王」! 愛車もオーナーもフェロモンあふれ出す50プレジデント 【大阪オートメッセ2022】

艶めかしくカスタムしたVIPオーナー垂涎の50プレジデント

 2月11(金)~13日(日)の3日間で開催された「第25回大阪オートメッセ2022」。2年ぶりの開催とあって、各ブースには有名メーカーやカスタムショップ自慢のデモカーや新作アイテムなどが並び、来場したクルマ好きなユーザーたちも喜びに沸いた3日間だとなった。

ドノーマルの状態のプレジデントをイチから本気でカスタム

 そんな会場内でひと際目を惹いたのが、威風堂々としたその佇まいが印象的な、当時の日産が誇るフラッグシップカーのプレジデント。なかでもこの3代目は、重厚感のあるフォルムがいまもなおVIPオーナーたちに強く支持されているモデルで、車両の前に立つ華やかなドレスを纏った女性がオーナーだ。一見してキャンギャルの方かと思いきや、こちらが今回の主役でもあるゆり姫サン。彼女は地元の京都・祇園でクラブを経営するママさんでもある。

【関連記事】日産R32「スカイラインGT-R」は使いこなせるパワーがコツ。セッティング能力の高い「緑整備センター」の目指したデモカーの全容とは

50プレジデントの内装とオーナー画像はこちら

 カスタムを始めたきっかけを聞くと、「仲良かったショップにこのプレジデントが置かれていて、2年近く駐めっ放しの状態だったんです。そのうちなんか気になるようになってショップの方に欲しいと伝えて、購入しました」とゆり姫サン。

 さぞかし何かしらのカスタムが施された車両に好意を抱いたのかと思いきや、ベースはドノーマル状態だったという。そこからコツコツとカスタムを施していまに至るというから、その本気度には驚くばかり。じつは今年の東京オートサロンと大阪オートメッセの出展に向けて、昨年末に4回目のリメイクを敢行したそうだ。

インテリアは内装の匠「エルティード」でゴージャス仕様に!

 今回のリメイクテーマは『渋く、カッコよく。艶やかに』。外装はエアロやフェンダーを煮詰め、ホイールも新調した。内装は張り替えの匠、エルティードに依頼してゴージャスに仕上げられている。 50プレジデントのインテリアカスタム画像はこちら

 まずインパクトのあるオーバーフェンダーだが、ここは鉄板溶接にてワンオフ。前後ともに左右それぞれ約10cmのワイドトレッド化がなされている。そのフェンダーに収める足まわりは、ボルドワールドのエアサスを選択。「ボルドワールドは安心感から選びました。装着して6年経ちますが一度も壊れることがなくて、いまでも全然問題ありません」とのこと。そして、フルダウン時のツラの出具合も絶妙にセッティングされている。