クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

  • TOP
  • CLASSIC
  • シートベルトもヘッドレストもないけど旧車は違反にならない! 日本の安全装備の歴史が意外と浅かった
CLASSIC
share:

シートベルトもヘッドレストもないけど旧車は違反にならない! 日本の安全装備の歴史が意外と浅かった

投稿日:

TEXT: 高桑秀典  PHOTO: 高桑秀典/Volvo/Auto Messe Web編集部

  • 筆者の1974年式アルファロメオにはシートベルトもヘッドレストも付いている
  • 1974年式のディーラー車
  • シートベルトがなくて事故ると本当に危険なのは変わらない
  • シートベルトの有無で生死が分かれることもある
  • 世界で初めて3点式シートベルトを採用したボルボPV544と開発者のニルス・ボーリン
  • 後部座席の中央に3点式が義務化されたのは2012年

シートベルトもヘッドライトもないクラシックカーってよく見るけど……?

 旧車が大挙して集っているイベントに行き、自動車趣味人の方々が愛用している往年の名車を拝見すると、衝突時や急減速時に乗員を保護する「シートベルト」や、頭部後傾抑止装置とも呼ばれる「ヘッドレスト」がないクルマが多々あることに気づく。そのままの状態で乗っているということは、シートベルトの着用義務違反になったり、車検時に不合格になったりしないということだ。

※写真はすべてイメージです。

法律で義務化される前のクルマはなくてもOK

 そう、道路運送車両の保安基準は、その自動車が販売された当時の法律に則るため、シートベルトやヘッドレストが元々ないクルマは、後付けしなくても大丈夫なのである。シートベルトやヘッドレストがないクルマで走っていると、若手の警察官から停車するように求められることがたまにあるそうだが、万事オーケーなのだ。

 そのようなルールなので、これまで漠然と「へぇ~、シートベルトやヘッドレストが元々ない旧いクルマは後付けしなくても大丈夫なのね」と思ってきたが、筆者が愛用している「アルファロメオGT1600ジュニア」は1974年式でシートベルトもヘッドレストも装備しているので、先日、ふと、シートベルトやヘッドレストの有無って、年式でいうといつが境目なんだ? と、頭のなかに大きなクエスチョンマークが現れてしまった。ということで調べてみたら、こういうことだった。

筆者の1974年式アルファロメオにはシートベルトもヘッドレストも付いている

運転席のシートベルト「設置」義務化は1969年から

 日本でシートベルトとヘッドレストが義務づけられたのは1969年のことだ。その年の4月1日以降、国内で生産された普通乗用車は、運転席のみシートベルトとヘッドレストを装備するようになった。助手席のシートベルトとヘッドレストは1973年12月1日から、後部座席のシートベルトは1975年4月1日から設置することが義務づけられている。

 わがアルファロメオはイタリア車だが、既述したように1974年式なので、シートベルトもヘッドレストも装備しているのだ。「伊藤忠オート」のディーラー車なので、装備する必要があったということなのだろう。

1974年式のディーラー車

 往時は腰の部分のみに着用する2点式シートベルトが主流だったが、1975年以降、フロントの座席に関しては3点式シートベルトが設置されるようになった。3点式シートベルトは、1959年に「ボルボPV544」に初めて採用されたもので、同社のエンジニアであるニルス・ボーリンが開発した安全装備だ。ボルボは世界中の誰もがこの技術の恩恵を得られるように特許を無償公開し、それ以来、数多くの人々が3点式シートベルトに救われている。ちなみに、ピラーがないオープンカーなどは2点式シートベルトの設置が認められていたが、1987年3月1日以降はその例外もなくなった。

世界で初めて3点式シートベルトを採用したボルボPV544と開発者のニルス・ボーリン

1 2

CAR ranking

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

MEDIA CONTENTS

ranking

AMW SPECIAL CONTENTS