なぜ特別視されるのか? 現在の価値「3億円」のランボルギーニ「ミウラ」の人気の秘密 (1/2ページ)

なぜ特別視されるのか? 現在の価値「3億円」のランボルギーニ「ミウラ」の人気の秘密

ランボルギーニのイメージを構築した歴史的な一台

 ここ最近、ランボルギーニ・ミウラが人気だ。スーパーカーブーム全盛時にも一世を風靡したので、半世紀近く経って、人気が再燃しているといったほうが正しいのかもしれない。

 スーパーカーブーム全盛時のことを思い出してみると、最高出力や最高速といったスペックに一喜一憂していた低年齢の子どもたちの間におけるアイドルは、明らかにランボルギーニ・カウンタックやフェラーリBBシリーズだった。その一方で、もっと年齢層が高い“お兄さんたち”にとっての憧れの存在はミウラだったように記憶している。

【関連記事】300台弱しか販売されなかった幻の日産「サニーVZ-R」を知ってる? 「シビック タイプR」をカモれるサニーとは

ランボルギーニ・ミウラ画像はこちら

ダラーラ・ベルトーネ・ボブという豪華な陣容

 そんなミウラがアウトモビリ・ランボルギーニ S.p.A初のミッドシップモデルとしてデビューしたのは1966年のことだ。この年のジュネーブ・ショーで披露されたミウラ P400は、当時のチーフ・エンジニアであったジャン・パオロ・ダラーラが設計したシャーシに、カロッツェリア・ベルトーネ在籍時代のマルチェロ・ガンディーニがデザインしたボディを組み合わせたものだった。

【関連記事】300台弱しか販売されなかった幻の日産「サニーVZ-R」を知ってる? 「シビック タイプR」をカモれるサニーとは

ランボルギーニ・ミウラ画像はこちら

 メカニック兼テストドライバーとして活躍していたボブ・ウォレスも製作プロジェクトに参画していたというから、まさにドリームチームが造ったことになる。無論、携わったメンバーのみならず、そのスペックもまた夢のあるものだったことにより、ミウラは小学校高学年よりも上の層からも注目されることとなった。ボブ・ウォレス画像はこちら

 筆者が考える夢のあるスペックとはミッドシップのことだが、このレイアウトはレース界では常識になりつつあったが、市販スポーツカーのほうではルネ・ボネ・ジェットぐらいしか採用しておらず、ロードカーの世界では馴染みのないものだった。

少量の限定生産ならばOKという条件付きでジュネーブ・ショーに展示したが……

 そのような状況のなかで、1965年に開催されたトリノ・ショーのランボルギーニ・ブースに参考出品されたTP400という名のローリングシャーシは、V型12気筒ユニットを横置きミッドシップの位置に搭載。おそらく、これを会場で見た者すべてが「ランボルギーニもいよいよレースに進出するのか?」と思ったはずだ。だが、翌年のジュネーブ・ショーにふたたび登場したローリングシャーシは、既述したようにガンディーニがデザインしたエキゾチックなボディを纏い、ミウラ P400として展示されたのだ。ランボルギーニ・ミウラ画像はこちら

 ミッドシップをはじめとするレーシングカー譲りの優れたメカニズム、大排気量かつ大パワーのマルチシリンダーエンジン、エキゾチックなボディ。そして、豪華なインテリアを持つクルマこそがスーパーカーだと定義するならば、ミウラはこのジャンルを開拓したパイオニアだといえる。今日まで続くランボルギーニのイメージを構築した歴史的な一台であるともいえるのであった。ランボルギーニ・ミウラ画像はこちら

 ちなみに、ランボルギーニの創業者であるフェルッチオ・ランボルギーニは、ミッドシップ車ではなく上質なGTが好きな人だったといわれている。当初、ミウラの製作プロジェクトに難色を示していたらしいが、少量の限定生産ならばOKという条件付きでジュネーブ・ショーの披露を許可したようだ。しかし、会場でミウラ P400を見たカスタマーから購入を希望するオーダーが殺到。結局、フェルッチオが折れて、量産に踏み切ることになったといわれている。ランボルギーニ・ミウラ画像はこちら

 こうしてデビューしたミウラ P400は、センターモノコックと前後のサブフレームを組み合わせた強固な構造の高剛性シャーシに、排気量3929ccのパワフルなV型12気筒エンジンを横置きミッドシップを採用。高度なメカニズムとガンディーニによる美しいスタイリングがバランスよく融合していたこともあり、瞬く間に、見る者、乗る者を魅了した。ランボルギーニの名をあらためて世間に知らしめるきっかけとなった。ランボルギーニ・ミウラ画像はこちら