乗りたいクルマの後席は高齢者フレンドリーか? 見分ける5つの条件とは (1/2ページ)

乗りたいクルマの後席は高齢者フレンドリーか? 見分ける5つの条件とは

乗降性に有利な条件とは

 コンパクトカーはボディサイズが小さいから、乗り降りは大変そう……と思うのは間違いだ。コンパクトカーだって背が高くてドアが大きく開き、シートが適切な位置にあれば下手なセダンより乗り降りしやすいクルマがある。両側スライドドアを備えたコンパクトカー=プチバンなら、なおさら乗降性は抜群と言っていい。

 一方、コンパクトカーのなかには走りやデザイン、装備などが文句なしでも、とくに後席の乗降性に優れているわけではないクルマもあったりする。

 その見極め方は、乗り降りする人が高齢者で足腰が弱っているか否か。身長などにもよるが、(1)ボディの高さ、(2)ステップ高とフロアへの段差、(3)リヤドアの開口部間口、(4)後席のフロアからシート先端までの高さ=ヒール段差、(5)頭上方向の余裕……という5つの項目で決まることがほとんどだ。

【ボディの高さ】

 売れ筋のコンパクトカーの全高から低い順に並べると、スバル・インプレッサスポーツは1480mm、トヨタ・アクア1485がmm、トヨタ・ヤリス、マツダ・マツダ2、スズキ・スイフトが1500mmとなる。リヤドアからの乗降性が比較的よいホンダ・フィットは1540mmだ。

【関連記事】トヨタ新型「シエンタ」のウェルキャブに新採用「ショートスロープ」が加わった! 瞬時に自動展開するカラクリ機構とは

スバル・インプレッサスポーツ画像はこちら

 両側スライドドアを完備したプチバンと呼べるコンパクトカーではスズキ・ソリオが1745mm、トヨタ・ルーミー&タンクが1735mmとなる。ボディの背が高ければ、リヤドアの高さ方向にも余裕があるため、頭を大きくかがめずに乗り込み、降りることができる。つまり、乗降性に有利ということになるのだ。トヨタ・ルーミー画像はこちら

【ステップ高】

 つぎにステップ高。健常者の乗員なら、SUVの480mm前後のステップ地上高でもなんなく乗り降りできるはずだ。だが、足腰が弱った高齢者ともなれば、ステップはできるだけ低く、フロアへの段差がないことが望ましい。

 そこで、上記のコンパクトカーでステップ地上高が高い順に並べると、ヤリス400mm、インプレッサスポーツ380mm、マツダ2 380mm、アクア370mm、フィット360mmという感じだ(すべて筆者の実測)。トヨタ・ヤリス画像はこちら

【リヤドアの開口部間口】

 そして意外に見落としがちなのが、筆者が独自に計測し続けてきた、リヤドアから乗降する際の間口だ。測定方法は、後席シート外側角からリヤドア内張り前端、またはBピラーまでの直線距離で行っている。下半身が出入りする際の開口幅ということになる。

 ここが広いほど、乗降のしやすさが増すのだ。それを小さい順に並べると、アクア250mm、スイフト270mm、マツダ2 285mm、フィット320mmとなる(ヤリスとインプレッサスポーツは未計測)。トヨタ・アクア画像はこちら