いま軽やSUVにツートーンカラーが再ブーム! さらに「カスタム界」にも塗り分けが浸透していた (1/2ページ)

いま軽やSUVにツートーンカラーが再ブーム! さらに「カスタム界」にも塗り分けが浸透していた

ツートーンのボディメイクが今カスタム手法としてリバイバル

 ツートーンカラーを見て現代のユーザーはどう考えるだろう? 1980年代のクルマを現役で見てきたベテランユーザーには懐かしく、当時を知らない新しいファンには斬新に見えるのではないだろうか。そんなツートーンカラーが近年、注目されている。あらためてツートーンについてチェックしていくこととした。

 そもそもクルマのボディに対して2色のカラーを塗り分ける「ツートーンカラー」の歴史は古い。クルマのかなり初期のころからある手法だが、国内のユーザーに印象深いのは’80年代のクルマたちだろう。当時はボディデザインが現代に比べてまだまだシンプル(プレスラインの処理が比較的少ない傾向)だったこともあり、ボディに変化を付けるにはペイントによる塗り分け=ツートーンが効果的だったと想像できる。

【関連記事】【ミニバン&ワゴンのカスタマイズ30年史】車高短ブーム到来! 「シンプル」&「ラグジュアリー」全盛の2000年代前半とは

R30スカイラインRSターボ画像はこちら

 しかもスカイラインからソアラ、マークⅡ、レビン/トレノにいたるまで、上級セダンはもちろんスポーツモデルにまで採用されていた経緯があるのだ。当時はツートーン=高級というイメージがすっかり定着していたことがうかがえる。

その昔はツートーンボディ=「おじさん」の象徴であった

 当時のツートーンカラーのクルマを見ると象徴的なのはサイドモールだろう。サイドボディの下方向に前後に走るモールが施されている。ここを境にして上下を塗り分けるツートーンが主流になっていた。レッドの鮮烈なボディにブラックの下まわり、さらにはシルバーとゴールドの組み合わせなど、高級路線やスポーティ路線などクルマのイメージに合わせたカラーコンビネーションがもてはやされた。同時期に販売されていたモノトーンのモデルが少しチープに思えるほどツートーンのインパクトは強かった。

【関連記事】【ミニバン&ワゴンのカスタマイズ30年史】車高短ブーム到来! 「シンプル」&「ラグジュアリー」全盛の2000年代前半とは

2代目日産レパード画像はこちら

 しかし、ボディカラーにも大きな流行廃りが起きるクルマの世界、ある時期から人気は下降線を描き、若いユーザーからはツートーン=オジさんクルマ的な扱いを受けるにいたり、多くのメーカーが採用しなくなっていく。そこから近年まではバンパーやドアミラーなどを含めてボディ同色でコーディネートするモノトーンのモデルが主流となっている。これも時代に合わせたボディカラーの進化&変化の歴史と言えるだろう。130系トヨタ・クラウン画像はこちら

 

今SUVなどでフェンダーアーチなどを塗り分けるスタイルが人気に!

 しかし、近年になってあらためてツートーンに注目が集まっている。そのひとつがSUVの隆盛があるだろう。欧州モデルなどには早くから足もとやフェンダーまわり、バンパーなどをブラックアウトするコンビネーションカラーが数多く取り入れられ、SUVといえばフェンダーまわりをブラックアウトするというイメージが定着していく。トヨタRAV4画像はこちら

 国産モデルでもすでに多くのモデルが採用しているのはご存じの通りだ。カラーリングによって新しい価値観をアピールするにはツートーンは都合が良かったのだろう。また、かつてあったツートーンの古くささを感じない世代が、おもなクルマの購買層になっているのも要因のひとつだと予想される。