車中泊向きのクルマは室内だけで判断不可! プロが「走りの良さ」も重要と語るワケ (1/2ページ)

車中泊向きのクルマは室内だけで判断不可! プロが「走りの良さ」も重要と語るワケ

走行性能や快適性能も重要

 車中泊に最適なクルマを考えたとき、一般的な乗用車で真っ先に浮かぶのが室内の広さや、シートのフラットアレンジ性の良さ。さらには電動車に用意されるAC100V/1500Wコンセントの有無などだろう。

 たしかに、全高や室内高が高く室内空間が広々としていて、シートのフラットアレンジが容易で、ハイブリッドやPHV(PHEV)の車内外で1500Wまでの家電品が使えれば、それはもう車中泊に最適・最高のクルマに違いない。

【関連記事】1560万円で憧れのキャンパーライフ! 米国で大人気の「ソリスポケット36A」は日本の道路状況にもぴったりでした

電源供給ができるのはアウトドアで大きなメリットとなる画像はこちら

先進運転支援機能やシートアレンジ性も大事

 だが、見逃してはならないのは、上記の要件はクルマを止め、車中泊しているときに必要とされる項目ではないか。ここで車中泊をするようなドライブ旅行を考えてみると、まさか家の近所ではあるまい。景色のいい場所、空気のきれいな場所、行ったことのない場所、車中泊に適した安心・安全なアウトドアフィールドとなれば、やはり遠路クルマを走らせ、目的地まで向かうことになるはずだ。その場所へのアクセスに、多少、路面が悪い道を通るかもしれない。

【関連記事】1560万円で憧れのキャンパーライフ! 米国で大人気の「ソリスポケット36A」は日本の道路状況にもぴったりでした

車中泊に向いたクルマとは画像はこちら

 つまり、高速走行や悪路を含めた走行性能。それとともに乗員がストレスなく目的地に着ける、クルマの快適性は欠かせない。もし、車中泊をする場所に着くまでに、ドライバーや乗員が運転・乗車によって疲れてしまうようであれば、アウトドアも車中泊も100%楽しむことができない。クルーズコントロールのスイッチ画像はこちら

 たとえば室内空間が広く、シートアレンジによって広大なベッドスペースが出現するクルマでも、一部の軽自動車のようにパワー不足で車内騒音が大きく、ACCなどの先進運転支援機能がなく、乗り心地があまり良くないとする。経済的で止まっていれば車中泊に最適かもしれないが、遠くまで走っていくとすればそのアクセスにおいて、ドライバーと乗員双方にとってベストとは言えない。

 そこで、車中泊に適した室内空間やシートアレンジ性を持ちつつ、長距離移動も楽々なクルマを考えてみたい。もちろん、高速走行でのドライバーの運転に関わるストレスを最小限にしてくれる先進運転支援機能の充実もポイントとなる。車内外で家電品が使えるAC100V/1500Wコンセントが装備可能で、車中泊対応の純正アクセサリーが揃っていれば、さらに完璧な車中泊カーとなりうるだろう。スズキ・ハスラーのラゲッジスペース画像はこちら