STIのコンプリートカーは名車だらけ! スバリストが「買っておけば」と後悔しきりの再販希望車3選 (1/2ページ)

STIのコンプリートカーは名車だらけ! スバリストが「買っておけば」と後悔しきりの再販希望車3選

Sシリーズ以外にもこだわりモデルが多数!

 STIコンプリートカーはWRXシリーズだけでなく、レガシィやフォレスターなどさまざまなモデルが存在する。今回は独断と偏見で筆者がコレは買っておけばよかった! と思うちょっとマニアックな隠れた名車を紹介しよう。

再販希望の名車その1:WRX S4 tS

 これまで登場したコンプリートカーのなかでも、装備とパフォーマンスのバランスに優れるモデルとして推したいモデルがWRX S4 tSだ。文字通りベースは初代WRX S4で、シャシー系を中心にSTIチューニングが施されている。

【関連記事】【1000台限定】日産「R35GT-R」のニスモデモカーが1/43で蘇る! 京商こだわりのディテールを見てみよう!

S4 tSのエクステリア画像はこちら

 エクステリアはVAB型WRX STIをベースにしたS207に酷似しており、ブレーキとリヤバンパーダクト程度の違いでコンプリートカーオーラは抜群。とくにNBRチャレンジパッケージには、ドライカーボン製の大型リヤスポイラーが備わるなど迫力も満点だ。

カーボンウイング画像はこちら

 STI独自のフレキシブル系パーツがフル装備されるほか、CVTクーラーやトラクションモード時のVDC制御やアクティブトルクベクタリング制御なども専用とするなど、2ペダルでもスポーツ走行を存分に楽しめる仕様となっていた。これだけの装備でありながら、あえて台数限定ではなく期間限定車としていたことも「手に入れやすいコンプリートカー」としてじつに好印象であった。

S4 tSのインパネ画像はこちら

再販希望の名車その2:フォレスターtS(SJ型)

 フォレスターは初代にSTI II typeM、3代目、4代目にtSと3台のコンプリートカーが設定されていた。4代目(SJ型)XTアイサイトをベースにしたtSは、BBS製鍛造19インチホイールやブレンボ製ブレーキシステムなどを搭載。装備もコンプリートカーらしいスペシャルアイテムを備えつつ、tSの名に恥じないシャシーチューニングを施している。

フォレスターtSのエクステリア画像はこちら

 さらにECUにも手が入り、SIドライブをS#にすれば、ベースモデルとは一線を画す俊敏なレスポンスへと豹変。TCU(トランスミッションコントロールユニット)も変更され、CVTのステップ変速は専用クロスレシオへと切り替というこだわりには舌を巻く。SUVでも走りを楽しめるだけでなく、アイサイト(Ver.2)を標準装備することでレジャーやドライブといったシーンでも身構えずに気楽にコンプリートカーを楽しめる要素を備える点も魅力だ。

フォレスターtSのインパネ画像はこちら