たった100万円だが「イタ車沼」にハマること必至! アルファロメオ「156」「147」がジワリ人気上昇中 (1/2ページ)

たった100万円だが「イタ車沼」にハマること必至! アルファロメオ「156」「147」がジワリ人気上昇中

この記事をまとめると

  • ネオヤングタイマー世代のアルファロメオが輸入車ビギナーにおすすめ
  • セダン&スポーツワゴンの「156」とハッチバックの「147」
  • 中古車を買うとき「セレスピード」は故障しやすいので注意

アルファロメオ156(1997~2005年)

「155」の後継モデルである「156」は1997年に発表され、2003年にフロントマスクを変更。ジョルジェット・ジウジアーロのデザインした「アルファロメオ・ブレラ」のようなフロントマスクを採用した。

手前が156前期型、その後ろが後期型

 日本に導入された通常モデルのエンジンは排気量2Lの直列4気筒ツインスパーク(2002年から直噴エンジンのJTSを搭載)と、排気量2.5LのV型6気筒という2種類。前者には5速MT、後者には6速MTが組み合わされ、2L版ではセミオートマ仕様の「セレスピード」もチョイスできた。またV6には、より普通に扱える4速ATの「Qシステム」も用意された。ボディ形状は、セダンとスポーツワゴン(こちらはセレスピードのみ)の2タイプだ。

 排気量3.2LのV型6気筒エンジン(最高出力250ps)を搭載した最上級スポーティグレードの「GTA」も、セダンとスポーツワゴンの両方に設定。セダンには6速MTとセレスピード、スポーツワゴンにはセレスピードが組み合わされた。

直4、2.5L V6、それに3.2L V6があった

アルファロメオ147(2000~2010年)

 一方、ハッチバックモデル「145/146」の後継モデルである「147」は2000年にデビューし、2010年まで販売された。日本に導入された通常モデルのエンジンは、排気量1.6Lの直列4気筒ツインスパーク、排気量2Lの直列4気筒ツインスパークという2種類で、1.6TSのトランスミッションは5速MTのみ。2.0TSでは5速MTとセレスピードをチョイスできた。

アルファのコンパクトハッチバック「147」、後継は「ジュリエッタ」

 147にも排気量3.2LのV型6気筒エンジンを積んだ最上級スポーティクレードの「GTA」がラインアップされ、このクルマがアルファロメオ純血のV6エンジンを搭載した最後のモデルとなった。トランスミッションは、6速MTとセレスピードだ。

キビキビした走りにファンが熱狂した

画像ギャラリー