複雑なスポークの組み合わせが魅せる! ウェッズの新作3ピースホイール「ヴィルハーム」が愛車に華をプラス (1/2ページ)

複雑なスポークの組み合わせが魅せる! ウェッズの新作3ピースホイール「ヴィルハーム」が愛車に華をプラス

この記事をまとめると

  • ウェッズの最上位クレンツェから「ヴィルハーム」登場
  • 4種類のスポークが調和する凝りに凝ったデザインが特徴
  • 大口径がたっぷり味わえる1ピースバージョンも発売

カタチの異なる4種類のスポークが奏でるハーモニー

 単調さとはまさに対極。立体的かつ複雑精緻、細部にいたるまで手の込んだ造りで知られるクレンツェ。もちろん、ヴィルハームにもその伝統はしっかりと受け継がれているが、全体的な印象は意外にもオーソドックス。奇抜さが先走らないよう、革新的な要素を詰め込みながらも、それらをうまくまとめ上げたモデルになっている。

 スポークは20本。フィンタイプのように同形状の足が均等に並ぶのではなく、少しずつカタチの異なるスポークが絶妙なバランスで配置される。なかでもメインになるのは、根本を矢じりのようにデザインし、センターキャップに向かって尖らせたV字ツインスポーク。片側の側面を大胆にえぐることで天面を細く絞り、リム側はやや広げつつ反時計方向にひねりをプラスしている。ゆえにこのV字は左右非対称。よく見ると矢じり部分の意匠も左右で微妙に異なる。

スポーク解説その1

 そしてメインスポークの間には一段低く、立体的に落としたサブスポークを設置。変化を付けたメインに対し、サブはごく普通に……ではなく、こちらも凝っている。末広がりなシルエット+エッジーな天面を持つシャープなサブスポークと、同じくフレア系ながら先端を少々すぼませ、天面は柔らかなアール基調としたサブスポーク。これら2タイプのサブスポークをメインスポークの間に交互に差し込んでいくレイアウトなのだ。

サブスポーク解説

 つまり配列としては、メイン1→シャープなサブ→メイン2→柔らかいサブ、という感じで4本がワンセットになる。それぞれのスポークは左右非対称だったり、変則的だったりするにも関わらず、4本が並ぶと不思議なくらいに調和が取れ、妙なる旋律を奏で出す。4つの調和・ハーモニーを示す「ヴィルハーム」というネーミングの由来がここにある。

カラーでイメージも大きく変化しセミオーダーでさらなる個性も

 レギュラーカラーは3種類。なかでもSBC/ポリッシュはクレンツェの定番で、3Dデザインをモットーとする同ブランドとは最高に相性のいい色だ。黒みがかった光沢を放つSBC(スーパーブラッククローム)と、メインスポーク天面に施されたポリッシュ部が美しいコントラストを描く。1本1本の足の造形美、緻密なラインワークを存分に楽しめるはず。

SBC/ポリッシュ

 セピアブラック/ポリッシュもユーザー支持率高し。ベースのセピアブラックは、ブラックとシルバーを独自の配合バランスでミックスしたもの。一般的な黒にはない温かみが特徴だ。これにポリッシュ加工が入るわけだが、メインスポーク天面だけでなくサブスポーク(シャープな形状の方)にも施される。メインとサブには高低差があるため同一工程で加工はできないのだが、わざわざ別工程を用意して切削している。

SBK-P

 プレミアム感で選ぶならブラック&バフ/ブラッシュドで決まり。漆黒をベースに、メインスポーク天面はメカニカルな切削痕を残すブラッシュド加工を施してある。さらに、サブスポーク(柔らかな形状の方)は手作業によるバフ研磨で鏡面仕上げに。黒・ブラッシュド・バフの3要素が、ヴィルハーム特有の多様性とマッチした、贅沢な一本となる。

BKBF/BR

 また今作も「クレンツェ・カラーコーディネート」に対応。上記以外のディスクカラーに変更したり、ピアスボルトやセンターキャップ、バルブキャップの変更、リムのカスタマイズなども可能となっている。

クレンツェ・カラーコーディネート

 今年はディスクカラーに新色「ライムゴールド」「ライムゴールド/ポリッシュ」も追加。いかにもキンキラしたゴールドではなく、グリーンのニュアンスも加えた落ち着きある色味だ。違いを出したい人はぜひ注目を。

ライムゴールド

画像ギャラリー