ズバリ「クラシックカーは何が楽しいのか?」 イギリスの名車「トライアンフ・スピットファイア」のオーナーたちに直撃 (1/2ページ)

ズバリ「クラシックカーは何が楽しいのか?」 イギリスの名車「トライアンフ・スピットファイア」のオーナーたちに直撃

英国ライトウェイトスポーツの名車「スピットファイア」

 世界的にクルマのEV化や自動運転、コネクティビティといった次世代技術の競争が進んで「100年に一度の大変革期」と言われる昨今。「10年後には内燃機関のクルマに乗れなくなるかも?」とすらウワサされるなかでも、いや、だからこそ、何十年も前に作られたクラシックカーに「あえて乗る」という選択肢がある。

 日本では知らない人も多いイギリスのスポーツカー「トライアンフ・スピットファイア」のオーナーさんたちのツーリングにて、大昔のクルマに乗っている理由と楽しさを聞いてみた。

【関連記事】車名につく「RS」の意味とは? 「レンシュポルト」や「ロードセーリング」などメーカーによって異なる「RS」でも共通することとは

スピットファイアのツーリングにてオーナーさんたちに取材画像はこちら

バイクとは別の系譜の4輪の「トライアンフ」

 まず「トライアンフ・スピットファイア」なるクルマについて説明しよう。2輪を手がける「トライアンフ・モーターサイクル」社はいまも健在であるが、じつはイギリスで1895年に創立した老舗自動車メーカー「トライアンフ・モーター・カンパニー」から1936年に分離した経緯をもつ。

 4輪のほうの「トライアンフ」社は1984年に消滅してしまったものの、数々の乗用車とともに、ライトウェイトスポーツカーの名作をいくつも生み出し、自動車趣味の世界では昔から一目おかれるブランドだ。つい先日に亡くなられた石原慎太郎さんが最初に買ったクルマが「トライアンフTR3」だったことも、よく知られている事実である。

【関連記事】車名につく「RS」の意味とは? 「レンシュポルト」や「ロードセーリング」などメーカーによって異なる「RS」でも共通することとは

1962年から1980年まで生産されたトライアンフ・スピットファイア画像はこちら

 第二次大戦中に、「バトル・オブ・ブリテン」で活躍した戦闘機の名を冠してトライアンフが1962年に発売した「スピットファイア」。FRレイアウトの大衆車「ヘラルド」をもとに開発された小型軽量なスポーツカーで、デザインを手がけたのは名匠ジョヴァンニ・ミケロッティだ。

デザインは名匠ジョヴァンニ・ミケロッティ画像はこちら

18年にわたり世界で30万台以上も売れた大ヒット作

 デビュー時は「スピットファイア4」というモデル名で、「4」は搭載していた1147cc直列4気筒OHVエンジンに由来。販売好調を受けて1965年にエンジン出力を63psから67psに向上させた「Mk II」へと進化した時点で、それまでの初代が「Mk I」と呼ばれるようになった。その後、67年にエンジンを1296cc/75psとした「Mk III」、70年にリヤまわりを大幅改良した「Mk IV」を経て、74年に1493cc/72psエンジンを積んだ最終モデル「1500」が登場した。

フロントフードはフェンダーごとガバっと開く画像はこちら

 1980年の生産終了まで、18年間で約31万5000台が作られたというから、当時いかにヒットしたかがわかるだろう。なお、イギリス車といえば右ハンドルのイメージだが、スピットファイアの大半は欧州諸国や北米に輸出されていたため、左ハンドル仕様も多く残っている。

 長いモデルライフのなかで多くのマイナーチェンジを受け、さらに製造から数十年の間に個体ごとに無数の改造を受けてきているため、まったく同じ仕様の個体は一台もない、といえるほど。それもまた、オーナー同士で集まったときの良き話題のタネとなる。

まったく同じ仕様の個体は一台もない画像はこちら

その1:普段見ている風景がまったく違ったものになる

 今回取材したメンバーのなかでもっとも最近スピットファイアのオーナーとなったのが、歴史コンテンツのプロデュースをお仕事にしている鈴木智博さん。10年ほど前からトライアンフが欲しいと思い続けていたところ、昨年の春、ご縁あって「品5」ナンバーの残る1964年式Mk Iを引き継ぐこととなった。

 これは当時、進駐軍が持ちこんだ個体で、サーキットを走るために車高やエンジンなど多くのカスタムを受けているものの、走行距離は2万km以下、ボディはノンレストアのミントコンディションだ。

「品5」ナンバーの残る1964年式スピットファイアMk I画像はこちら

「クラシックカーが持つ、独特の完成された、熟成された美しさに魅かれ、終のクルマとして生涯をともにしたいと思いました。当時のクルマに乗ると、まるでタイムリープしたような気持ちになれます。普段見ている風景が、まったく違ったものになるんです」

当時進駐軍が日本に持ちこんだ個体画像はこちら

 とくに1964年から日本に生息し、いまと違ってパーツの調達も大変ななかで苦労して維持されてきた跡がうかがわれる個体ゆえに、英国車乗りとして服装にもこだわって乗ることで、先達のオーナーさんとクルマ自体に敬意を払いながら、クラシックカーのある生活を楽しんでいるのだそうだ。

イギリス旧車にふさわしい服装にもこだわっている画像はこちら

その2:シンプルな構造で素人でもDIYメンテしやすい

 今回のツーリングを企画した松澤俊介さんは、1963年式スピットファイアMk Iを所有して16年目になる。かつて20年にわたりバイクを趣味としていて、「トライアンフ」のバイクに乗っていたこともあったそうだ。趣味性の高い4輪車に乗ろうと思い立ち、キャブレター式の後輪駆動のライトウェイトスポーツを探していくなかでスピットファイアが候補に入り、わけてもMk Iのスタイルにひと目ぼれ。

ハードトップを装着した1963年式スピットファイアMk I画像はこちら

 3年がかりでようやく巡り会ったこの1963年式で日々ドライブを楽しんでいて、毎年の年間走行距離は1万~1万5000km。それゆえ足まわりやブレーキ系は数年ごとにパーツ交換・修理を繰り返しており、エンジンはフルオーバーホールし、ミッションは現在フォード製5速MTに積み替えてあり、クーラーも装着済み。手を入れていない部分はほとんどないという。

エンジンはフルオーバーホールしている画像はこちら

「シンプルな構造なので、ちょっとしたメンテナンスも素人でも手を出しやすいし、英国車はパーツの入手も簡単なうえに安価で維持しやすいです。趣味車として永く乗り続けるにはキャブレター式のクラシックカーが最適だと考えてます。非力なエンジンを回して走る楽しさは格別ですし、多くの仲間もできて、このような趣味を持って良かったなと思います」

年間走行距離は1万~1万5000km画像はこちら