新型ノア&ヴォクシー vs ステップワゴン! 高齢者のいる家族に優しいのはドッチか検証した (1/2ページ)

新型ノア&ヴォクシー vs ステップワゴン! 高齢者のいる家族に優しいのはドッチか検証した

この記事をまとめると

  • ファミリーを中心に人気のMクラスミニバン
  • トヨタ・ノア&ヴォクシーとホンダ・ステップワゴンが新型に
  • どちらが高齢者フレンドリーなクルマか検証する

先代同等しながら“からくり”で利便性を高めたノアヴォク

 すでに試乗とともに綿密な計測を終えている新型ノア&ヴォクシーの場合、ステップ地上高=フロア高は380mmと、先代の360mmに対して20mm高まっているものの、380mmは決して高すぎるステップ高ではない。どうしても足運びが難しかったとしても、ちょっとした介助を行えば、足腰が弱った高齢者の乗せ下ろしに大きな妨げにはなりにくい高さだ。

ノアヴォクシーの乗り込み足もと

 しかも、新型ノア&ヴォクシーには、20mm高まったステップ地上高への対策か、パワースライドドア車にメーカーオプションの、スライドドアの開閉に機械式の“からくり”で連動するユニバーサルステップ(3万3000円)が用意されている。これをリーズナブルな価格で装着すれば、1段目のステップ高は地上200mmとなり、ステップの奥行も180mmあるから、さらに快適に乗り降りできるはずである。

ノアヴォクシーの電動ステップ

 さらにノア&ヴォクシーは先代でも、子どもから高齢者まで使えるBピラーに設置されたアシストグリップを備えているが、新型ではさらにその使い勝手を向上させ、縦長のアシストグリップの下ほぼ半分は子ども用の自転車のハンドルグリップと同じグリップ径に細められているため、手の小さな子どもはもちろん、握力が弱まった高齢者が掴むのにも適した乗降用アシストグリップと言えるのだ。

先代を踏襲していればステップワゴンが有利か

 ステップワゴンは先代モデルにスライドドアの開閉と連動し、助手席とスライドドア部分までカバーするアルミ製のオートサイドステップが純正アクセサリーとして用意されていた。だが、電動&LEDイルミネーション付きと豪華ゆえに価格は税込み19万2500円と高価(ステップの長さ1410mm×奥行き200mm。地上高135mm)。

ステップワゴンのオプションのステップ部

 新型用のアクセサリーはまだ発表されていないためなんとも言えないが、もし電動のままの設定だとすれば、価格はそれに準じることになり、新型ノア&ヴォクシーの機械式の“からくり”で連動する非電動のユニバーサルステップ(3万3000円)のほうが、価格的には導入しやすいということになる。ただし、先代用と同じようなスペックであれば、1段目のステップ地上高が135mmのステップワゴンのほうが乗降に有利(新型ノア&ヴォクシー用はそこが200mm)と言えるかもしれない。

 スライドドアからの乗降の際、乗り降りの容易性を高めてくれるもうひとつのポイントが開口部の高さ。新型ノア&ヴォクシーは1250mmで、先代同士の寸法比較から推測すれば、新型ステップワゴンも大きな違いはなさそうだ。そもそも介護施設でも重宝されるハイルーフなボックス型ミニバンだから、クルマとしては最善の乗り降りのしやすさがあると言っていいのである。

ステップワゴンの開口部

ファミリー層を中心に人気となっているMクラスミニバン。人気のトヨタ・ノア&ヴォクシーはフルモデルチェンジとなり、ホンダ・ステップワゴンも新型モデルの発売が控えている。そこで、このライバルたちが高齢者の乗り降りなどでどちらがベストか、検証してみた。