ホンダとローバーの短い蜜月時代! わずか5年で生み出されたコラボモデルたち (1/2ページ)

ホンダとローバーの短い蜜月時代! わずか5年で生み出されたコラボモデルたち

共同開発された印象深いローバー車を振り返る

 ホンダとイギリスのローバーは資本提携していた時期があったが、それは1990年から1994年にかけてのごく短いものだった。ただしローバーの本国イギリスでは、トライアンフ部門のセダンとして初代ホンダ・バラードがベースの「アクレイム」を1979年から生産していたり、2代目インテグラにローバーのバッジがついたモデルの設定があったりと、日本では直接お目にかかる機会はなかったものの、知られざる(?)ホンダとローバーのコラボモデルも存在していた。

 その一方で、ローバージャパン(発足は1989年、1999年にはBMWに統合)が日本市場で順調な展開を見せていた時期には、セダンを中心にさまざまなホンダ車がベース、あるいは共同開発された印象深いローバー車があった。

オーソドックスな佇まいが特徴的なローバー800シリーズ

 ローバー800シリーズはそのなかの1台だ。1987年に登場した当初のカタログは単に“スターリング”の車名で、それは最上級グレードの呼称でもあった。このモデルはホンダのフラッグシップモデルのレジェンドとの共同開発により誕生。実際の市販化はレジェンドがひと足早く(1985年)、800はそれを追って1987年に日本市場にお目見えした。

【関連記事】33年で77万キロ走破! 新車で買ったトヨタ「ランドクルーザー70」を今も毎日乗り続けるオーナーに聞くランクルの魅力とは

ホンダとローバーの関係画像はこちら

 両車のサイドビューのカタログ写真で見較べてもわかるように、2760mmのホイールベースは共通。だがスタイリングはまったく異なっており、ホンダ車初の3ナンバー車だったレジェンドはブリスターフェンダー付き(全幅は1735mm、2Lモデルは1695mmだった)の、強いて言えばドイツ車風味だった。それに対し800は、6ライトキャビンのオーソドックスな佇まいを特徴とした。

 インテリアもレジェンドは当時のホンダ車流のクールな仕上がりを見せていたのと好対照に、800ではウォールナットと本革を用い、さらに後席のパワーリクライニングや、専用設計の電動8ウェイシート(ランバーサポート、前後上下調節式ヘッドレスト付き)などが奢られていた。800のエンジンは当初はレジェンドと共通のホンダ製のV6・2.5Lだったが、のちに同じ2.5LのV6ながら自社製に置き換えられた。ホンダとローバーの関係画像はこちら

ホンダ・アコード系ベースの600シリーズ

 モデル名をローバーの数字の順で追うと、1994年登場のアッパーミドルクラスの600シリーズも忘れられないモデルだ。このモデルはホンダのアコード系(アスコット・イノーバ)をベースとしたモデルだったが、当時のニュースリリースには“ローバー自身によるデザインは、ボンネット、フロントバンパー、ライト(ローバーグリルとマッチ)、4ライトデザインのリアドア、リアスクリーン、トランクリッド、テールエンドなど”と記されている。ホンダとローバーの関係画像はこちら

 全体に丸みを帯びた上品なデザインは、控えめながらrightness(正統性)を伝えるものとなっていた。一方でインテリアは、インパネの基本デザインなどから600とアスコット・イノーバが共通とわかったものの、コンソールやドアトリムにウォールナットを用い、本革シートが奢られた600はローバー車のトーンでまとめられていた。ホンダとローバーの関係画像はこちら

 搭載エンジンは800もホンダ製の2Lと2.3Lが搭載されたが、600ではいずれもハイオク仕様(アスコット・イノーバは2.3Lのみハイオク仕様)としていた。