盛り上がるブームの陰に潜む車両火災の恐怖! あらためて見直したい車中泊での防火対策 (1/2ページ)

盛り上がるブームの陰に潜む車両火災の恐怖! あらためて見直したい車中泊での防火対策

クルマの中はガソリンタンクを抱えた密室!

 先日、ニュースの記事でキャンプでの車両火災事故が報道され、盛り上がる車中泊ブームの陰に潜む危険を再認識させられました。また、キャンプ道具から漏れ出した燃料が原因の車両火災なども発生しており、ひとつ間違えば大きな事故につながる危険性があるのです。ここでは車中泊での火災の危険性とともに、防火対策について考えてみたいと思います。

※写真はすべてイメージです。

車中泊とキャンプは違うものだと認識を

 車中泊とキャンプはアウトドアの延長線上にあることは間違いありませんが、じつは似て非なるモノ。テント泊を主とするキャンプは野外での調理や焚火を楽しむものであり、車中泊は行動の多くがクルマという閉鎖された狭い空間で行うことになります。車中泊で使用する調理器具や暖房器具などは、薪や炭、ガソリン、アルコール、ガスなどの燃料を使用するギアを使うことができず、または使用することが大きなリスクを伴うことになるのです。

 もちろん、車内で薪や炭を燃やす人はいないと思いますが、利便性の高いホワイトガソリンやアルコール、ガスを使用するバーナーやコンロを車内で使用することも危険な行為であり、車両火災の原因になる可能性を秘めています。

【関連記事】軽キャンパーで4名就寝可能! トヨタ「ピクシストラック」ベースの「海仕様」キャンピングカーとは

小さなガスバーナーでも引火の危険がある画像はこちら

車内での火器の使用はリスクだらけ

 最近の住宅には難燃性、防火性、耐火性などの建築素材などが使用され、火事のリスクを最小限に抑えるようになっていますが、車中泊で使用するクルマは車内での火器の使用を前提に設計・生産はされてはいません。それだけに、車中泊でのアクシデントに対しての防火性は脆弱で、万が一のトラブルでは大きな事故につながってしまうことを覚えておきましょう。

 車内では燃焼系の器具は使用せず、使用する場合には車両の外で作業をするように心掛けてください。狭い車内で火器を使用することは車両火災の原因となり、異常燃焼や燃料漏れによってウェアやシュラフ、内装などに炎が燃え移ってしまうことが考えられるからです。また、閉め切った車内で火器を使用すると一酸化炭素中毒や酸素欠乏などのリスクも発生します。車中泊は快適で安全なイメージがありますが、何十リットルも燃料が入ったガソリンタンクの真上で過ごしているという現実をつねに頭に入れておきましょう。

車中泊でも火を扱う作業は車外で画像はこちら

消火器と一酸化炭素チェッカーは必須

 とは言うものの、車中泊でコンロや調理器具を使用する人も多いと思います。その場合は「自己責任」が大前提となり、火災を起こさない慎重な取り扱いを心掛けてください。器具が転倒しないようにしっかりとしたテーブルをベースに使用すること、燃料漏れや異常燃焼が起きないように器具を維持・管理しておくこと、燃料の補充や交換はしっかりと火を消してから車外で行うこと、使用中は器具から絶対に目を離さないこと。

 リスクを避け、被害を最小限に抑えるためにも車中泊では消火器を用意し、一酸化炭素中毒を防止するための警報機を取り付けておくことをおすすめします。一酸化炭素チェッカーはキャンプ(テント内)用としても市販されており、1000円前後で手に入れることができるので事前に用意しておきましょう。車内で火器を使用する場合にはしっかりと換気を行い、窓やドアを閉め切った状態では絶対に使用しないよう注意して下さい。

百歩譲っても消火器と一酸化炭素チェッカーを装備しないと取り返しのつかないことに画像はこちら