ハードすぎない「汗かき」具合に愛好家が着目! いま旧車レースがジワリ流行中 (1/2ページ)

ハードすぎない「汗かき」具合に愛好家が着目! いま旧車レースがジワリ流行中

この記事をまとめると

  • 旧車のモータースポーツが盛んに行われている
  • きちんとメンテナンスが行き届いていれば壊れる心配はない
  • 仲間内で楽しめるイベントが豊富に用意されている

クルマを操る感覚が楽しい

 最新のクルマはハイテクで、アブナイ場面で電子制御が素早く介入してくれる。だが、旧車にはアシストが一切ないため、操作がダイレクトで、よりクルマを“操っている感”が大きく、乗っていて楽しくなる。家の周りをグルッとひと回りしてきただけでも「往年のスポーツカーを運転しているぜ」とニヤニヤしながら思えるほどだ。街中を運転しているだけでも楽しい旧車

 そのような感じなので、旧車でサーキット走行をすると、冷や汗の場合もあるが、いい汗をかくことができる。スポーツをした後と同じ爽快感を味わうことができるのだ。もちろん、現行車でサーキットを走ったほうが安全だ。もはや荷重移動を気にする必要すらないほど電子制御が介入してくる昨今のクルマはスゴイ性能を運転席で体感することができる。とはいえ、個人的な意見だが、旧車でコースインしたほうがスリリングでオモシロイ。コースイン前のアルファロメオ1600GTJ

メンテナンスが行き届いていればサーキット走行をしてもクルマへの負担が少ない

 旧車でサーキットを走ると壊れるのでは? 莫大なコストがかかるのでは? と思うかもしれない。結論から話すと、経験豊富なスペシャルショップに車両の製作とサポートを頼めば、そんなことはない。各部を一度ちゃんと仕上げてもらえば、自走でサーキットまで行ってレースを楽しむことができる。

 もちろん、サーキットに到着したら、オイル漏れや各部の緩みがないか、タイヤの空気圧は大丈夫かなど最低限の確認は怠らないようにしたい。また、クルマのコンディションを維持するためにも、走行後は入念なメンテナンスを実施したい。それにより完調を維持することが可能だ。ピットに並ぶ走行前の車両

 タイヤの消耗を気にする方もいるだろうが、草レーサーの強い味方として注目されているブランドの新品ハイグリップタイヤが1本:6600円で販売されている。この価格なら、すり減ったら交換すればいいという割り切った考え方もできる。

ここ数年、クラシックカーで遊べるイベントが増えている。なかでも旧車でモータースポーツを楽しんでいるオーナーが多い。そう聞くと「故障したりしないの?」という声も聞こえてきそうだが、きちんとメンテナンスさえしていれば問題はない。ここでは今、旧車のレースが盛んな理由を解説する。