「あま〜いキャッチコピー」が並ぶカタログは完全にデートカーのノリ! 実際はバリバリのスポーツカーだった初代MR2とは (1/2ページ)

「あま〜いキャッチコピー」が並ぶカタログは完全にデートカーのノリ! 実際はバリバリのスポーツカーだった初代MR2とは

この記事をまとめると

  • 1984年に発売された国産車初の市販ミッドシップスポーツカー
  • 身近なスポーツカーとして甘めのキャッチコピー
  • 軽量なパッケージングで小気味よく走れる名車だった

東京モーターショーのコンセプトカーをほぼそのまま市販

 登場は1984年6月のことで、その前年、1983年の第25回東京モーターショーに「SV-3」の名でプレビュー車が登場。リヤスポイラー形状、Tバールーフの有無(のちに設定された)、アンテナ(市販車はAピラー部の引き出して使うタイプに)、ショーアップされたインテリアなどの差異はあったものの、国産初の量産ミッドシップとして、もうほとんど市販車そのものといった状態で姿を現した。

1983年の東京モーターショーに出品された「SV-3」

トヨタらしい甘めのキャッチコピー

「背中にはふたりを酔わせるハートがある。」「日本初、ザ・ミッドシップ。トヨタMR2」……当時のカタログを開くと、最初の見開きにはこれもまたシンプルなコピーとメッセージが。「ふたりを酔わせる」の部分は当時、人気を集めていたホンダの「バラードスポーツCR-X」の「デュエット・クルーザー」への対抗措置だったのか。

2シーターということで「ふたり」を強調したコピーが強調された

 さらにページをめくりながら拾うと、「風のシルエット」(ボビー・コールドウェルか?)、「ピュア2シーター」、「それだけでプライベートの香り」、「コクピットはOnly You」、「インテリアはOnly Two」などなど、甘めのコピーが続く。

 ガソリンとオイルのニオイにまみれたマニアックさ一辺倒ではなく、デートカーなどと名言はしないまでも、ミッドシップといっても決してとっつきにくいスポーツカーという訳ではないですよ……とアピールしていたところがトヨタらしい。

スポーツシートにも「インテリアはOnly Two」のコピー

全車1t切りで前後重量配分45:55のパッケージング

 ちなみに奇遇にも初代MR2登場の直前、GMが「ポンティアック・フィエロ」なる同様のミッドシップ2シーターを登場させていて、このクルマもシティコミューター的要素を持っていた。またそれよりずっと前、1970年代初頭には、コンパクトなミッドシップの「フィアット(のちにベルトーネ)X1/9」があった。どちらも量産モデル(フィエロはT1000、X1/9は128)のメカニカル・コンポーネンツを活用することで生まれた先例だった。

MR2の直前に登場したポンティアック・フィエロ

 初代「パブリカ」から「トヨタ・スポーツ800」が生まれたように、初代MR2もまた、FFに切り替わったE80型・5代目「カローラ」を活かして仕立てられた。サスペンションは4輪ストラットで、ドライブトレーンはまさにカローラのそれをフロントからリヤに移植したもの。搭載エンジンには、FFカローラ系と共通の横置きを表わす「L」の記号が型式に含まれる1.6Lツインカム16バルブの「4A-GELU型」(130ps/15.2kg・m)と、1.5Lの「3A-LU型」(83ps/12.0kg・m)の2機種の設定でスタート。1986年になるとスーパーチャージャー仕様の「4A-GZE型」を登場させている。

5代目カローラのコンポーネンツを利用しながらミッドシップに仕立てられた

 1.6Lツインカムは上級グレードの1600GリミテッドおよびGに、1.5Lは1500Sにそれぞれ搭載された。車両重量は当時のカタログの諸元表から拾うと1600Gリミテッド・4速AT車の980kgから、1500Sの5速MT車で920kgと、シリーズの全車で1tを下まわっていた。カタログの記述のなかには前後重量配分は45:55とある。

前後重量配分は45:55

トヨタが1984年に発売したMR2は「Midship Runabout 2 seater」を略した、じつにストレートなネーミングだった。国産車として初めて市販されたミッドシップスポーツカーが当時いかにアピールされたのか、カタログを通じて振り返る。