ディーラーや一般中古車店では買い叩かれる! チューニングカーの「得する」売却方法とは (1/2ページ)

ディーラーや一般中古車店では買い叩かれる! チューニングカーの「得する」売却方法とは

この記事をまとめると

  • 手塩にかけて作り上げたチューニングカー
  • 売却時はパーツ代なども加味してほしいのが本音
  • 最適な売却方法について解説する

ディーラーなどでの下取り査定は期待できない

 最初にディーラーや一般的な中古車店のケースを。マフラーやホイールの交換レベルなら査定に大きな影響はないと思われるが、逆に考えれば極端なプラスに働くこともないので、メリットは少ないだろう。またチューニングにしろドレスアップにしろ、内容が過激なほど買い叩かれる傾向は強い。

一般的な中古車店での査定風景

 新しいクルマを購入するための下取りなら多少は色を付けるかもしれないが、根本的にチューニングカーを売却する手段としては不向きと考えていいはずだ。

買取専門店はプラスになる可能性アリ

 続いては買い取りをメインとしたお店。独自の販売ルートを持っていたりユーザーに直販する場合もあり、必然的にディーラーなどより買い取りの金額は高くなることが多い。

 とくに誰もが名前を知っているような有名メーカーのパーツ、例えばレカロのシートやBBSのホイールなどが付いていれば、買取店での査定額はさらに上がる可能性が高いとのことだ。

BBSホイールのイメージ

 もうひとつ注目したいのはカテゴリーや車種を絞った専門店。エアロやローダウンといった見た目で分かるカスタムは当然として、エンジン内部のチューニングや駆動系といった見えない部分、ボディのスポット増しや内装レスですら忌避されにくい。なお査定の基準や力を入れているモデルはお店により異なるものの、何年前にどこのプロショップでチューニングしたかを証明できる、注文書や見積もり書があって初めてプラスになることもあるので注意しよう。

チューニングカー専門店での査定風景

個人売買は高く売れる可能性がある反面トラブルにも注意

 続いては業者を仲介しない個人売買だ。売り手と買い手がダイレクトに繋がり、中間マージンが発生しないため、売る側は高く買う側は安いとウィンウィンであることは間違いない。

個人売買でのイメージ

 ただしインターネットが誕生する以前から、個人売買にはトラブルが付きものでもある。付いているはずだったパーツがノーマルだった、いつまでも名義変更されずに連絡すら取れない、アチコチ壊れて修理ばかりでマトモに走れない。売るにしても買うにしてもリスクがあることを理解できない人は、厳しい言い方だが個人売買を利用するべきじゃないだろう。

画像ギャラリー