クルマはトンガってればカッコイイ時代があった! 幻のスーパーカー「マセラティ・ブーメラン」のトンガリっぷりがスゴイ (1/2ページ)

クルマはトンガってればカッコイイ時代があった! 幻のスーパーカー「マセラティ・ブーメラン」のトンガリっぷりがスゴイ

50年前にマセラティ新時代を切り拓こうとしたコンセプトカー

 つっぱることが男の勲章だった時代は1980年代ぐらいの話だが、70年代には確かに「トンがることがカーデザイナーの勲章」みたいな時代があった。その白眉が、1972年ジュネーブ・ショーで鮮烈に登場したコンセプトカー「マセラティ・ブーメラン(Maserati Boomerang)」だ。いや、あの当時はあえて「マセラッティ」だったっけ。

ウェッジシェイプの先駆者ジウジアーロがデザイン

 ブーメランが特異とされるのは、全盛期のウェッジシェイプを究めたその尖り具合にある。デザインを手がけたのは「イタルデザイン」のジョルジェット・ジウジアーロ。ブーメラン登場前年には「ランボルギーニ・カウンタック」が、同じく「ベルトーネ」出身で後輩筋にあたるマルチェロ・ガンディーニの手によってデビューするなど、若手デザイナーたちがバチバチな時期だった。

 ジウジアーロにすれば、ウェッジシェイプを先駆けたのは俺俺俺、という主張もあったかもしれない。そうしたスーパーカーの檜舞台とされたのが3月頭、スイスの「ジュネーブ・サロン」だったワケで、ここ2年ぐらい開催されなくなってしまったのはストレートに淋しい。

 ちなみにイタルデザインがVW傘下になったとき、発表の場に選ばれたのもジュネーブだった。歴史の場はやっぱり大切にされているのだ。

【関連記事】33年で77万キロ走破! 新車で買ったトヨタ「ランドクルーザー70」を今も毎日乗り続けるオーナーに聞くランクルの魅力とは

1972年のジュネーブ・ショーでデビューしたコンセプトカー「マセラティ・ブーメラン」画像はこちら

ほとんど宇宙船のような未来的デザイン

 というわけで50年前のブーメランをふり返ると、やはりアツいものがある。現代の空力は、柔らかく掴まえて限りなくスムースにボディの中や下をも使って流すのが主流だが、このころはとにかく切り裂く「ウェッジ」(=くさび)であることが求められた。前面投影面積を減らすため、キャビンとルーフもほとんど四角錐状に上に向かって絞られていたのだ。

 車高はなんと、立体駐車場に入らない=1550mmオーバーのSUVが当たり前の現代と比べるとびっくりワンダー! な、わずか1070mm。車内で立ったまま着替えがしやすいからファミリーカーはミニバン、みたいな今ドキの小学生には、意味不明の乗降性といえる。

車高はわずか1070mm画像はこちら

 低いウェッジシェイプのコンセプトカーはそれまでにもあったが、ブーメランが時代を画していたのは、ノーズからサイド、リヤにかけて水平に上下を分けるラインの向こうに、キャビン内がほとんどシースルーで見えることだった。マセラティのGTとして、限られた車内空間で広く、さらなるスピード感を強める工夫であると同時に、外から乗員を見せてしまう点に、ほとんどSFめいた新しさすらあった。

キャビンは外からほぼ丸見え画像はこちら