HREタンドラ今シーズン最高位を獲得! 2台ともアグレッシブな走りを披露【2022NASCARトラックシリーズ】 (1/2ページ)

HREタンドラ今シーズン最高位を獲得! 2台ともアグレッシブな走りを披露【2022NASCARトラックシリーズ】

この記事をまとめると

  • アメリカの伝統あるレース「ナスカー」
  • 日本人オーナーとして服部茂章氏が今シーズンも参戦
  • 第3戦では今シーズン最高位を獲得してフィニッシュ

2022年シーズンは若手2名を起用して参戦中

 2018年にそのトラックシリーズのタイトルを獲得したあとも参戦を続けているHREは、2022年シーズンからは若手ドライバー2名を起用し、トヨタ・タンドラの2台体制を敷くこととなった。前戦の第2戦ラスベガスでは2台ともに完走を遂げ、さらにこれから経験を重ねつつ、結果に結び付けていくこととなる。

服部茂章率いるHRE、ナスカー・トラック第3戦に挑む そのトラックシリーズ第3戦「Fr8 208」は、3月19日にジョージア州にあるアトランタ・モーター・スピードウェイで決勝を迎えた。「#16 LiUNA! TOYOTA TUNDRA」にタイラー・アンクラム選手、「#61 DAVID S. GRAY TOYOTA TUNDRA」にチェイス・パーディ選手が乗り込み、これに挑んだ。

服部茂章率いるHRE、ナスカー・トラック第3戦に挑む 前日に行われるはずの練習走行は雨。そのため決勝当日の予選セッションがキャンセルされ、予選の時間が練習走行セッションに置き換わることとなった。このセッションでは、16号車のアンクラム選手は30.52秒のトップタイムをマーク。61号車のパーディ選手はコンマ5秒遅れて24番手のタイムを記録していたが、予選ではないため、残念ながら、スタートポジションは16号車が10番グリッド、61号車は20番グリッドがすでに決定していた。しかし、61号車は決勝前にマシン調整を行ったことで最後尾スタートとなった。

服部茂章率いるHRE、ナスカー・トラック第3戦に挑む

 全135周でのレースで、スタートから徐々にポジションを上げていく16号車は一時4番手までポジションを上げ、30周の第1ステージ終了時点では10番手をキープしステージポイントを獲得。一方の61号車は2周目には23番手にまでポジションアップ、その後もふたつめの集団をリードしながらの走行で第1ステージを26番手で終える。しかし、このステージブレイクでのピットロードスピード違反でペナルティを受け順位を下げられてしまう。

 第2ステージでは順位を挽回していき、61号車はステージを18位でチェッカー。16号車はオーバルのボトム側の走行ラインを積極的に活用しながら順位を上げていき、第2ステージを5位でフィニッシュした。

服部茂章率いるHRE、ナスカー・トラック第3戦に挑む

画像ギャラリー