スーパーGT2017年王者の実妹が全日本ラリーにデビュー! レース一家で育まれた平川真子選手に期待 (1/2ページ)

スーパーGT2017年王者の実妹が全日本ラリーにデビュー! レース一家で育まれた平川真子選手に期待

この記事をまとめると

  • 新城ラリー2022で全日本ラリー選手権に初参戦した平川真子選手
  • 奴田原選手率いるヌタハララリースクールの現役スクール生
  • サーキット経験のある彼女のラリーでの活躍に期待したい

サーキットでのレース経験を経てラリーに挑戦

 平川真子選手は、2017年のSUPER GTでは最年少チャンピオン(ペアはニック・キャシディ選手)を獲得し、今季からWEC(世界耐久選手権)に挑戦している平川 亮選手の実妹である。レーシングカートからキャリアをスタートして、これまで「KYOJO CUP(競争女子選手権)」などを経験してきている。

「父親(JGTC/SUPER GTなどにも参戦してきた平川 晃選手)はサーキットで走っていて、その後ラリーの面白さに目覚めたみたいで、今回の新城ラリーにもAKIRAという名でJN2クラスに出場しているんです。そこから私も、サーキットと違う楽しさ、面白さがあるのかな? と思って、昨年夏にヌタハララリースクールの練習会に参加して今に至ってます。まだスクール生ということで、ラリー参戦は昨年2回、今年は1回(九州ラリー選手権の第一戦)出ていて、今回が4戦目になります」とコメントの通り、日本を代表するラリードライバーである奴田原文雄選手の主催するヌタハララリースクールのスクール生なのである。

奴田原文雄選手による「ヌタハララリースクール」の現役スクール生

奴田原選手が主宰する実戦向けラリースクール

 ヌタハララリースクールは、2016年にスタートしたラリーの実戦向けのスクール。奴田原選手はこのヌタハララリースクールに続き、2018年からは若手育成プログラムとして「NUTAHARA RALLY SCHOOLジュニアチーム」という活動も展開。そのジュニアチーム一期生で昨年JN3クラスのタイトルを獲得したのが大竹直生選手である。2期生には小暮ひかる選手がおり、昨年ラリースクールのヤングエキスパートクラスを受講した山本雄紀選手と、この3名は現在、トヨタのWRCドライバー育成プログラム「TGR WRCチャレンジプログラム」に選出されている。つまり、この奴田原選手の若手育成のプログラムはしっかりと実績を上げてきている、といえる。

 奴田原選手みずからも参戦する今季の全日本ラリー選手権だが、奴田原選手本人は「GRヤリス」で参戦し(コ・ドライバーには同じくジュニアチームの卒業生である東 駿吾選手を昨年から起用している)、さらに2台を加えた3台の大所帯で参戦する。

奴田原選手本人もGRヤリスで今季の全日本ラリー選手権に参戦している

画像ギャラリー