スポーツカーの「理想の駆動方式」と言われるが……なぜ「ミッドシップ」は運転が難しいのか (1/2ページ)

スポーツカーの「理想の駆動方式」と言われるが……なぜ「ミッドシップ」は運転が難しいのか

この記事をまとめると

  • サーキットでミッドシップの運転は難しいと言われることがある
  • 運転操作に対し応答が速いミッドシップカーは、運転がしやすい
  • ミッドシップの動きを感じ、反応の素早さを意識できれば思い通りの運転ができる

応答の速さに慣れていれば思い通りの運転が楽しめる

 運転操作に対し応答が速いミッドシップカーは、逆に運転しやすく、思い通りの走らせ方ができる。ただし、その応答の速さに慣れていないと、驚いたり難しいと感じたりするかもしれない。しかし人間は、新しい環境に案外早く適応できる能力がある。したがって、ミッドシップカーの応答に慣れれば、それを活かして運転をより楽しめるはずだ。ミッドシップの走らせ方

 それには、急ハンドルや急アクセルといった、「急」のつく運転操作はミッドシップカーに不向きだ。といっても、多くの人が、「自分はそんな急ハンドルや急アクセルのような運転はしていない」と思うだろう。ところが、公道を走る多くの運転者の操作は、そういう傾向を持っている。

 たとえば、カーブでハンドル操作の遅れによって慌ててハンドルを切るので、切り込み過ぎて戻す操作が追加されたり、前を走るクルマの動きばかりに目がいっているため、ブレーキランプが点灯するまでアクセルペダルを踏み続け、車間距離が急に縮まってブレーキで減速し、それが速度の落し過ぎを招いて今度は慌ててアクセルペダルを踏み込んだりする様子が多く見られる。

 それらは、運転者自身は急ハンドルや急アクセルをした意識はないはずだが、結果的に急な操作になったり、余計な運転操作が追加されたりしている。短時間に余計な操作が追加されれば、それは「急」のつく操作の元になる。

 滑らかで無駄のない操作を身に着けるには、カーブに入ってからハンドルを切るのではなく、カーブへ向けてハンドルを切り始める。直線路になってからハンドルを戻すのではなく、カーブから直線へ向かってハンドルを戻し始める操作を心がけるとよい。

画像ギャラリー