速さとカッコつけで乗り心地を犠牲っていつの話! イマドキ「車高調」ならガマンは必要なし (1/2ページ)

速さとカッコつけで乗り心地を犠牲っていつの話! イマドキ「車高調」ならガマンは必要なし

この記事をまとめると

  • チューニングの第一歩として装着したいのが車高調
  • 街乗り重視からレースまでOKなものまでさまざま
  • 乗り心地がハードに感じても調整が可能

現在はねじ式や全長調整式が主流

 まずは車高を調整する方法。昔はダンパーに切った溝にリングをはめ込むことで車高を変える、Cリング式と呼ばれるタイプもあったが現在はほぼ見かけない。スタンダードなのはネジ式と全長調整式だ。ネジ式はスプリングの下にあるロアシートを動かして車高を調整する仕組みで、作りがシンプルなので価格をリーズナブルに抑えられる点もメリットといえる。ただし車高を下げるほど有効ストロークが減り、大きくローダウンすると底付きしてしまい、結果的にゴツゴツした不快な乗り心地になる。

 一方、全長調整式は別名をフルタップ式ともいい、ダンパーのブラケット部分を動かして車高を調整するため、有効ストロークは変化せず乗り心地も変わらないのが特徴。ダンパーの減衰力やガス圧との兼ね合いもあり一概にはいえないが、構造からいえば全長調整式のほうが乗り心地の面では有利だといえる。

全長調整式のイメージ

 もっともネジ式もメーカーが推奨する車高の範囲なら、極端に乗り心地が悪くなる心配はないので安心してほしい。

車高調の内部構造には単筒式と複筒式がある

 続いてはダンパーの単筒式と複筒式の違いについて。名前から想像できるとおりダンパーに使われている筒の数が異なり、シェルケースがそのままシリンダーである単筒式はオイルの容量が多く、熱に強く長時間の走行でも安定した減衰力を維持できるのが利点だ。

単筒式のイメージ

 一方でオイル室とガス室が縦に配置されストローク量が確保しにくく、高圧ガスを封入するため乗り心地がハードになりがちという特徴を持つ。対して複筒式は単筒式と真逆でオイルの容量を増やせない反面、ストローク量が多くガス圧も低くて済むため乗り心地はいい傾向にある。

複筒式のイメージ

しっかりとしたハンドリング性能を引き出し、さらにはローダウンによりルックスも向上させてくれる車高調。各社からさまざまなタイプが発売されているが、どのような仕組みとなっているのだろうか? そこで、あらためて車高調の構造などを紹介していこう。