新型フェアレディZ発売直前のいま「先代Z34型」の中古が100万円代! 「買い」と断言できる4つの理由 (1/2ページ)

新型フェアレディZ発売直前のいま「先代Z34型」の中古が100万円代! 「買い」と断言できる4つの理由

この記事をまとめると

  • ロングライフのため初期型なら100万円台から手に入る
  • 日産の誇る3.7LのV6 NAエンジンは音もフィールもパワーも楽しい
  • サーキット志向で足を固めても乗り心地が良好

理由1:ロングライフゆえタマ数豊富でお買い得

 2002年に登場した「Z33」型は、V6 3.5Lエンジンを搭載した2シーターのスポーツカー。「Z32」型の「VG30」エンジンから「VQ35DE」にチェンジし、トルクフルな大排気量NAエンジンならではのエレガントなフィールを体感できる。それが300万円台から手に入るとあって大人気モデルとなった。

 そのZ33の良さをキープしたまま、ブラッシュアップされたのが「Z34」だ。エンジンは「VQ37VHR」となり、つまり3.7L化された。ボディはホイールベースを短縮して、旋回性能をアップ。あらゆる点でZ33を超えてきたのがZ34なのだ。

 走って遊ぶにはどちらもオススメだが、Z34は2008年から十数年にわたって販売された息の長いモデルだけに、初期型は100万円台から余裕で購入できる、オススメ物件なのだ。

 ちなみに近いうちに登場すると言われる新型Z。こちらは形式は「Z34」のまま、エンジンが3.0Lツインターボになり、見た目も一新される。そのため、これまでのZ34は事実上まもなく型落ちになるのだが、それでもその中古車価格はお得感が強い。

2008年のモデルチェンジからのご長寿モデルとなったZ34

理由2:イジれば400psも夢じゃないV6 NAエンジン

 エンジンはこれでもかというほどパワフル。日産の誇るフラッグシップV6エンジンだけあって、始動時の「ウォ~ン」という音だけでも高級感が漂う。

 チューニングパーツも豊富にラインアップされている。マフラーを変えるだけでも、その上質な音とフィーリングは高めることができ、吸排気系チューンで磨けば400ps近いパワーをNAで発揮できるユニットだ。

 しかも、フィーリングは「コルベット」などのアメ車的な大排気量NAとはまったく別世界で、トルクはあるのに高回転まで回して楽しめる。エンジンだけでも十分楽しめるのだ。

V6 3.7LエンジンはNAでありながら標準仕様で336psを誇る

画像ギャラリー