アウドドアに行こうとしたら「何が起こった!?」 ボディのデカさに反して荷物が載らない「荷室狭め」のSUV3選 (1/2ページ)

アウドドアに行こうとしたら「何が起こった!?」 ボディのデカさに反して荷物が載らない「荷室狭め」のSUV3選

この記事をまとめると

  • アウトドアにうってつけなクルマといえばSUV
  • 快適性や安全性能も重要だがラゲッジスペースの広さにも注目したい
  • 見た目に反してラゲッジの狭いクルマを紹介

ホンダ・ヴェゼル

 その一例として、ホンダ・ヴェゼルが挙げられる。まずラゲッジルームの寸法を見てみると、人気爆発中の現行ヴェゼルは開口部地上高775mm~760mm(グレードによる/開口部段差なし)、フロア奥行き755mm、幅1010mm、最小天井高780mm。ホンダ・ヴェゼル

 一方、先代モデルは開口部地上高650mm(開口部段差50mm)、フロア奥行き790mm、幅1000mm、最小天井高830mmと、寸法的に先代が勝っているのである。実際、アウトドアの荷物とは関係ないが、ゴルフバッグ(全長1230mm)を積んでみると、先代モデルは斜めながら問題なく積めるのに対して、現行モデルは斜めに置いても積み込み不可。6:4分割の後席の片方を倒すアレンジをしないと、意外や意外、ゴルフバッグが積めない。ホンダ・ヴェゼル

 ラゲッジルームの高さ方向にしても、スタイリッシュさを演出する一因の低全高が災いして、現行モデルは先代より50mmほど低くなっているのだ。ちなみにラゲッジルームの開口部地上高は現行モデルのほうが90mm前後高くなっているが、これは最新の後突安全基準に合わせるためと、開口部とフロアの段差をなくし、より荷物の出し入れのしやすさを考えた結果と考えられる。ホンダ・ヴェゼル

 とはいえ、ヴェゼルの欧州プレミアムSUVに匹敵するカッコ良さ、存在感の理由のひとつが低全高にあるのだから、ラゲッジルームに「ゴルフバッグが積めない(もちろん、後席を格納すれば積める)」としても、アウトドアグッズの積載ならそれほど心配することはなく、許せる範囲だと思える。ホンダ・ヴェゼル

画像ギャラリー