ハコスカに「敵の心臓」ロータリーをぶち込んだ! 禁断の改造を施された600馬力の怪物とは (1/2ページ)

ハコスカに「敵の心臓」ロータリーをぶち込んだ! 禁断の改造を施された600馬力の怪物とは

この記事をまとめると

  • 日産とマツダはモータースポーツでしのぎを削っていた
  • 2社のDNAをミックスした禁断のマシンが誕生した
  • ロータリーエンジン+ハコスカはアメリカの伝統競技に参戦予定

目標はアメリカ最高峰のヒルクライムレース「パイクスピーク」への参戦

「1970年代に敵対視していた日産とマツダを仲良くさせようって何のこと?」という人に簡単に説明したい。1964年の第2回日本グランプリでわずか1周ながらポルシェ904を抜き去り、一躍時のクルマとなったのがスカイラインGT(2代目S50型)だ。

 その後を受け継いたスカイラインGT-R(3代目C10型)が、長らく日本のツーリングカーレースを牽引していたのだが、対抗馬として1970年に登場したのが当時、新興勢力であったマツダロータリー。日産、マツダ両ワークスがお互いのプライドをかけたレースの勝敗は、1972年にサバンナGT(RX-3)が登場したことでマツダに軍配が上がる。日産ワークスを撤退に追い込むことでその戦いは終焉となるのだが、約3年間はライバルとして敵対視していた。

 B.R.E JAPANはワークスフェンダーまとったハコスカのボディに、ロータリーエンジンを載せて1台のクルマとして一致団結させる=仲良くさせるという思いがこめられているわけだ。

エンジンルーム

 ただ、このプロジェクトは単に面白おかしい、目立つクルマを作るのが目的ではない。「これまで誰もやっていないことにチャレンジしたい」という思いから、アメリカ最高峰のヒルクライムレースであるパイクスピークに参戦することが最終目標に掲げている。

画像ギャラリー