面倒くさがりならラッピングという手段もある! 「マットカラー」の現実とは (1/2ページ)

面倒くさがりならラッピングという手段もある! 「マットカラー」の現実とは

この記事をまとめると

  • マットカラーにカスタムする方法は全塗装とラッピングの2通り
  • ラッピングは手軽で剥がすことも可能だが耐久性は落ちる
  • 全塗装はコストも後の手入れもかかるので覚悟が必要

「全塗装」と「ラッピング」それぞれの○と×

 まずは方法から。マットカラーにするには大きく分けてふたつの方法があって、全塗装とラッピングだ。前者は元に戻せないだけに、基本的には修復歴が付いてしまって一般的な査定では大幅ダウンする覚悟は必要だ。ただし、仕上がりが良ければカスタム系の中古車専門店であれば高く買い取ってはくれるだろう。つまり全塗装でマットカラーにするには大きな勇気がいるわけで、費用もけっこうかかるのは当然。メリットとしては作業に問題なければ剥がれたりすることはなく、一生モンだ。

全塗装はコストもかかるがいつまでも長持ちする

 一方のラッピングのほうがメリットは多くて、全塗装よりも費用が安く、手放すときなどは剥がしてしまえば元の色に戻せる。ただ、簡単に剥がせるかというとそんなことはなく、当たり前だがかなりガッチリと付いているので、剥がすときに塗膜が一緒に剥がれることもあり、ショップによっては念書を書いてもらうほどだ。また飛び石やなにかで引っかけたときにフィルムがキズ付いたり、めくれてしまうことがある。フィルム自体の耐久性も5年ぐらいから注意が必要と言われていて、この点は塗装よりも劣る部分だろう。

ラッピングならコストも安く復元することも可能だが耐久性は落ちる

輸入車のプレミアムモデルや「NSX」や「スープラ」などが採用したことで話題になりつつ、今やカスタムペイントのひとつとしてすっかり定着した感があるのがマットカラーだ。今回は純正以外、マットカラーにする方法やそのデメリットなどについて考えてみよう。