ディーラーからはじまりル・マン優勝まで上り詰めた出世ブランド! マツダスピードのコンプリートカーが胸熱 (1/2ページ)

ディーラーからはじまりル・マン優勝まで上り詰めた出世ブランド! マツダスピードのコンプリートカーが胸熱

この記事をまとめると

  • マツダ・アテンザとアクセラに用意された「マツダスピード」
  • 高性能エンジンを搭載したスポーツモデル
  • 欧州のパフォーマンスモデルにも負けない性能だった

アテンザは2.3Lターボと4WDでGT性能の高さを披露した

 その後2005年にアテンザの新グレードとしてその名が復活する。すでに海外で高い評価を受けていた初代アテンザだが、4ドアセダンにMZR 2.3 DISIターボを名乗る、新開発L3-VDT型2.3L直噴ターボエンジン(272ps/38.7kg-m)を搭載。電子制御アクティブトルクコントロールカップリング4WDシステムと6速MTの組み合わせ、専用チューニングのサスペンションと相まってGT性能の高さで注目を集めた。

マツダスピードアテンザの外観フロント

 現在はマツダ6へと名を変えているが、珍しく6速MTを設定していることから密かな人気モデルとなっている。次期型はFRになるといううわさもあるだけに、新型マツダ6にMTのマツダスピードが設定されれば人気となるに違いない。

マツダスピードアテンザの内装

エンジンは同じでもFFのアクセラはじゃじゃ馬ぶりを発揮

 ファミリアの後継となるアクセラにも、2006年にマツダスピード仕様が追加されている。

初代マツダスピードアテンザの外観

 こちらもエンジンはL3-VDT型だが、264ps/38.7kg-mと抑えられているものの、前輪駆動だったためにトラクションコントロールのお世話になることもしばしば。タイヤサイズは18インチだったが、アテンザとの違いを出すためか5ドアのFFだったので、兄貴分とは違いやんちゃな印象だ。

初代マツダスピードアテンザのエンジン

 このクルマをサーキットで走らせた方で、当時はまだ標準装備した車種が少なかった、横滑り防止装置のDSCにお世話になった方が多い違いない。もちろん普通に走らせれば、それだけで元気が出るようなホットハッチである。インタークーラー用のボンネット上のエアインテークや、18インチのためのワイドボディがマツダスピードらしさを演出するが、さらに、当時人気だった大口径マフラー装着した個体もよく見かけたものだ。

初代マツダスピードアテンザのリヤビュー

画像ギャラリー