手軽にできる「マフラー交換」は「ドコまでやるか」で結果が大きく変わる! 排気チューンの深すぎる世界 (1/2ページ)

手軽にできる「マフラー交換」は「ドコまでやるか」で結果が大きく変わる! 排気チューンの深すぎる世界

手軽にエンジン性能アップが実現できる排気チューニング

 チューニングの第一歩として今も昔も人気が高い排気系。エンジンと接続されるエキマニから排ガスを外気に放出するマフラーの出口まで、細かく分類すると結構な数のパーツで構成され、各々が役割を持っている。そこで、それぞれの機能や社外品に交換する理由、選ぶ際の注意点などを考えてみたい。

気筒数や集合のさせ方で形状や特性が異なる
「エキゾーストマニホールド」

 まずは排気系の始まりであるエキゾーストマニホールド。これは各気筒から出た排気ガスを集合させて後方へ送り込むためのパーツで、エンジンの気筒数と同じ数のパイプから最終的には1本へと集合する。集合に至るまでのプロセスで特性が変わるといわれ、4本から2本になって1本にまとまる『4-2-1』タイプは低中速重視、2本になる過程を経ない『4-1』タイプは高回転に強いというのが通説だ。

【関連記事】913万円の「コンプリートエンジン」も受注絶えず! いまチューニングメーカーで組んだエンジンが引っ張りだこの理由とは

エキゾーストマニホールド画像はこちら

 ノーマルの多くが排気効率よりコストを重視した作りになっている。社外品は太さや形状の適正化に加え、材質もステンレスなどを用い、フロントまわりの軽量化に少なからず貢献してくれるのも嬉しい。

タービンを回した排気をキャタライザーに導く
「フロントパイプ」

 エキゾーストマニホールドの次は、ターボ車ならタービンを介してフロントパイプ、NAならそのままキャタライザーとも呼ばれる触媒へと続く。フロントパイプはタービンからの排気をキャタライザーに導くパーツで、社外品は内部の段付きやバリを減らすことによりスムースな流れを実現。触媒一体型フロントパイプ画像はこちら

 材質はステンレスが一般的だが近年では超軽量なチタン製も見かける。いずれにせよターボ車にとってはタービンのレスポンスに大きく影響する、マフラーやエキゾーストマニホールドと並ぶ重要なアイテムといえるだろう。