ミラージュのラリーアートにハイラックスのGR! ワークスコンプリートの魔力がタイを席巻 (1/2ページ)

ミラージュのラリーアートにハイラックスのGR! ワークスコンプリートの魔力がタイを席巻

この記事をまとめると

  • タイでもワークスコンプリートカーが人気
  • バンコクモーターショーにも多数展示
  • ラインアップの少なさから個性を求める傾向にあるという

バンコクモーターショーで多数のワークスコンプリートが展示

 一方今回取材で訪れたバンコクモーターショー会場内を見渡すと、いわゆるメーカーカスタマイズモデルが多く展示されている。例えば、タイでも大ヒットしている、トヨタ・カローラ クロスは、トヨタブースに標準仕様の展示車が置いてあるだけでなく、GRスポーツ、そしてモデリスタ仕様が展示されていた。

カローラクロスGR SPORT

 ピックアップトラックのハイラックスREVOにもGRスポーツが設定されるなど、メーカーも積極的にこの手のモデルをラインアップしている。これについては、「タイの人はドレスアップがとにかく大好きです。何かしら“飾りつけ”をするのがとにかく好きです」と地元事情通。

ハイラックスREVO GR SPORT

 この事情通氏はあくまで私見として、その背景を次のように説明してくれた。「クルマを購入するときの選択肢が極端に狭いことがあるのではないでしょうか? 例えばカローラ アルティスが欲しいなぁと思い、『じゃあライバルは?』と考えてもシビックセダンぐらいしかありません。結果的に新車だろうが、中古車だろうが、街なかは同じクルマばかりとなってしまいます」

「そのようななかで自分らしさを求め、自分で汎用品などを用いて中古車をドレスアップする人もいれば、新車では前述したように、トヨタならGRスポーツやモデリスタなどに興味を示すことが多く、それが新車の販売促進につながっているものと考えます」と説明してくれた。

カローラGR SPORT

 メーカーとしても、選択肢の少ないなかで標準車のみの販売を続けていては販売も中だるみしやすい。そこでモデルの“鮮度”を保つためにも、ドレスアップ仕様を積極的にラインアップしているようである。いすゞでは当初限定車としてドレスアップモデルが企画されていたが、いまはカタログモデルとなり、ドレスアップ仕様というものを設定しないというケースもあると事情通は話してくれた。

画像ギャラリー