「水冷FRポルシェしか愛せない男」がまさかの「ホンダ旧車二刀流男」に転身した事情 (1/2ページ)

「水冷FRポルシェしか愛せない男」がまさかの「ホンダ旧車二刀流男」に転身した事情

ポルシェからホンダしか愛せなくなった男の物語

 かつて「水冷FRポルシェしか愛せない男」として自動車雑誌を賑わせたことがあるMさんは現在61歳。実車を含め、趣味グルマ関連のアイテムを自宅に置くと家人に怒られてしまうので別邸を用意し、1/1スケール(実車)とミニカーの収集をバランスよく楽しんでいる。大谷翔平選手よりも先に二刀流を確立していた、“もう普通の生活に戻ることができない偉人”のひとりだ。

 プラモデル作りが大好きなMさんは、2020年11月に仕事をリタイアし、大小の水冷FRポルシェに囲まれたクリエイティブかつ優雅なセカンドライフを楽しんでいる……と思っていたが、根っからのマニアなのでそういうことにはならなかった。

【関連記事】日本が誇る高級サルーン! トヨタ「クラウン」を抜いた日産「セドリック・グロリア」を振り返ろう

ホンダS600クーペ画像はこちら

 ふと、SNSを拝見したら、退職が転機になったのか「ホンダの600ccクーペしか愛せない男」になっていたのだ。600ccのクーペを買った経緯を紹介する前に、まずはMさんの全6台におよぶ水冷FRポルシェ遍歴を記すことにしよう。

さまざまな仕様の928や924を乗り継いだ

「初めて買った1986年式の928S/ATを1999年6月~2009年6月まで愛用。シャンパンゴールドだった928Sをキープしながら1980年式の924/ATを増車したのです。黒メタリックから緑メタリックへと外装色を変更したこの924を、2000年11月~2009年8月まで所有しました。その後、白い1985年式、あれ、1986年式だったかな? 924S/ATを2007年2月に買い、これを2012年9月まで愛用。同じタイミングで2007年3月にブルーメタリックの1980年式928/MTを入手し、こちらは2009年5月からサーキットの狼ミュージアムに展示してもらい、2018年3月に正式譲渡しました」ポルシェ928画像はこちら

 全6台ともなると購入劇はまだまだ終わらない。

「白い1982年式で1983年登録の928/ATを2012年6月に買い、これを2020年5月まで所有。つい最近まで乗っていた1977年式の924/ATは2020年1月にヤフオクで買いました。レストアベースの924ターボを2回買いましたが、いずれも作業を完遂できませんでしたね」ポルシェ928と924画像はこちら

 まさにマニア(=ヘンタイ)なのだが、Mさんが水冷FRポルシェしか愛せない男になったのには理由があった。Mさんの父親がミツワ自動車に勤めていたらしく、目黒営業所の所長をやっていたこともあるのだという。

「当時オヤジが営業車として使っていた928で帰宅することがありました。ぼくが高校生とか大学生のころの話です。すげぇ~クルマだと思いましたよ。そのころの刷り込みがあると思います。ぼくが結婚したときの仲人の送迎は、オヤジがミツワから乗って帰ってきた928S4でした。でも、オヤジは944が一番乗りやすいと言っていましたね」

 Mさんは最初期型に近いモデルが好きとのことで、924の発展型である944と968の実車は購入しなかった。

「一時期、水冷FRポルシェの4種を揃えようと思いましたが、ミニカーもコンプリートしたいので、完全網羅は無理だと思ってやめました」

 そのように話してくれたMさんだが、運転時に水冷FRポルシェを持て余すようになり、少し追い金を払うかたちで白い928/ATを1965年式ホンダS600と交換してしまった。その後、924/ATも手放し、1999年から続けてきた水冷FRポルシェワールドに終止符を打ったのだ。