スポーツカー御用達のアイテムがなぜか商用バンで人気! ハイエース乗りがLSDを装着するワケ (1/2ページ)

スポーツカー御用達のアイテムがなぜか商用バンで人気! ハイエース乗りがLSDを装着するワケ

この記事をまとめると

  • 純正デフの弱点を補うLSDの装着でクルマの旋回性能が向上
  • 競技用パーツのLSDがハイエース用として売れている理由とは
  • 低ミュー路でのトラクション性能や直進安定性が格段に高まる

トラクション性能に難があるハイエースのリヤサス

 ハイエースはフロントにダブルウィッシュボーン+トーションバースプリング、リヤにリーフリジッドというサスペンション構造である。なかでもリヤはリーフスプリングでホーシングを保持するという、貨物ならでは高い耐荷重を確保するため、こうしたベーシックなサスペンションを採用している。これが高速走行時などで不安定な要素になってしまうのだ。リーフリジッド式のリヤサスペンション

 ハイエースのリヤサスペンションを見ると、まずデフと車軸をひとつのユニットにしたホーシングが用いられているのが分かる。これは左右の車輪が車軸でつながる、いわゆるリジッドアクスルと呼ばれる構造。乗用車などで用いられる独立懸架式が左右の車輪が独立して動く形式になっているのに対して、左右の車輪がホーシングを軸にして同時に動くのが特徴だ。ハイエースの高速道路走行

 このリジッドアクスルは耐荷重性能が高いことで貨物モデルの要求性能には応えているのだが、走行性能ではいくつかのネガティブ要素がある。そのひとつが路面への接地性能で、コーナリングや左右の車輪への入力差が生まれる状況(高速道路で横風を受けるシーンや路面の凹凸など)では、微細ではあるが片側の車輪が浮き気味になる。その結果、差動装置のデフによって接地している車輪への駆動力までも失ってしまう。

モータースポーツなどでクルマの旋回性能を高めてくれるLSDだが、ハイエースへの装着でも恩恵が得られる。理由はサスペンションが硬くトラクション性能に難があるハイエースの弱点をLSDが解決してくれるほか、横風を受けた際にも直進安定性を高めてくれるメリットがある。