魅力はいまだ色褪せず! スカイラインGT-Rに搭載された「RB26」が名機と言われる6つの理由 (1/2ページ)

魅力はいまだ色褪せず! スカイラインGT-Rに搭載された「RB26」が名機と言われる6つの理由

この記事をまとめると

  • 第2世代のスカイラインGT-Rに搭載されたRB26DETT
  • 当時のレース規定に合わせて開発した直6ツインターボエンジン
  • 高出力に耐えられるよう多数の技術が搭載されている

一次振動と二次振動を同時打ち消せる直6レイアウトを採用

 日産はインターTECでフォードシエラなど欧州の強豪に勝つために、当時の富士スピードウェイを1分30秒以下で走れるパフォーマンスが必要と計算。そのためにはパワーウェイトレシオ2.4kg/ps以下が目標で、レース仕様で525ps以上が条件とされた。それだけ高いパフォーマンスを秘めたエンジンが、1980年代中盤の日産にあるわけがなく、直6のRB24をベースにほぼ新設計のRB26の開発が始まった。フォード・シエラ

 当初はV6のVG30をベースにする案も検討された。だが、V6ではターボチャージャーをはじめとする排気系の取り回しがスペース上厳しいので、早い段階で直6に絞られたという経緯がある。

 このころ、直6のレーシングエンジンは、BMWと日産くらいしかなかった。それでも各気筒の爆発間隔を三等分(120度ずつ)にして、一次振動と二次振動を同時に打ち消せる直6レイアウトを採用したのが、RB26を名機にした第一の理由となる。RB26は直6だったからこそ振動の問題がなく、高回転化が可能になり力強くスムースな気持ちのいいフィーリングを実現できた。日産スカイラインGT-R

鋳鉄ブロック

 次はその直6エンジンを鋳鉄ブロックで作ったこと。ふたりのドライバーが交代で走るセミ耐久レースのグループAで、600psのパワーを維持するには頑丈なブロックが欠かせない。RB26は、RB24のブロックをベースに各気筒の側面に補強リブを追加。ヘッドボルトもM11からM12にサイズアップし、強度アップしている。スカイラインGT-Rの鋳鉄ブロック

 アルミではなく鋳鉄ブロックにしたことで、チューニングカーでは1000psオーバーすら可能になった(当時、RB26以外で1000psに耐えられるベースエンジンはなかった)。その上、レースでの使用を考え、さらに強度を上げた24Uブロック(N1ブロックのこと。上記の写真はノーマルブロックの05U刻印あり)も投入。RB26は直6なのでエンジン長が621mmと長いが、それでもシリンダーブロック上面の歪み限界値は0.1mmという高精度・高強度で作られている。この丈夫な鋳鉄ブロックこそ、RB26の命といってもいい。

6連スロットル

 6連スロットルもBMW Mシリーズの直6と共通する点だ。独立スロットルにすると、スロットルバルブとインマニまでの距離が短縮できるので、アクセル操作に対するレスポンスがよくなる(全開時だけなら、大口径のシングルスロットルをつけても変わらない)。6連スロットル

 開発当初、6連スロットルにするとアイドリングが3000rpmになると懸念されたが、リンケージにピロボールを使い、ガタや気筒間のバラツキを防ぎ、微少なストロークでも精度が出せるようにして採用が決まった。

画像ギャラリー