「リジェJS2」「インターセプター」「バゲーラ」! クルマ好きでも知らないスーパーカー6選 (1/2ページ)

「リジェJS2」「インターセプター」「バゲーラ」! クルマ好きでも知らないスーパーカー6選

この記事をまとめると

  • スーパーカーといえばランボルギーニとフェラーリが人気だった
  • メジャーではないが、サーキットの狼にも登場していたモデルが存在した
  • ここではマニアックだが懐かしのスーパーカーを振り返る

フランス勢はF1GPにも関わりのある個性派3台をノミネート

 スーパーカー=イタリアン・エキゾチックとのイメージが強いのですが、同じラテン民族のフランスでも、スーパーカーは誕生していました。今回紹介する3台はその好例で、しかも3台それぞれにF1GPと関りのある個性派です。

ルノー・アルピーヌA310

 まずはルノー・アルピーヌから。アルピーヌと言えばラリーで活躍したA110が思い起こされますが、今回紹介するのはその兄貴分たるA310です。A110がライトウェイトな硬派のスポーツカーを目指していたのとは対照的に、A310は豪華なグランツーリスモを目指していました。ルノー・アルピーヌA310

 そのために太い鋼管を主構造として前後にスチール製のサブフレームを組んだバックボーン・フレームの後端に直4エンジンを縦置きに搭載するというパッケージングや、そのフレームにFRPで成形されたボディを架装するという手法は同じでした。

 ですがリヤサスペンションをA110のスウィングアクスルとトレーリングリンクを組み合わせてコイルスプリングで吊る形式から、前後ともにダブルウィッシュボーン式に変更。まるでストラット式のように直立して、丈の高いコイルスプリング/ダンパーユニットで吊るスタイルにブラッシュアップ。ルノー・アルピーヌA310

 搭載されるエンジンも、当初はA110の1600仕様と同じくルノー16用をベースとした直4エンジンを搭載していましたが、後にプジョーがルノーやボルボと共同開発した3L V6、通称“PRVエンジン”に換装され、最終的にはそのターボ版も搭載されていました。

 初期モデルの、6連のライトをアクリル樹脂でカバーした前衛的なルックスは、イタリアン・エキゾチックに通じるものがありましたが、V6を搭載した後期モデルでは、4灯式の平凡な姿に変身していました。ルノー・アルピーヌA310

マトラ・シムカ・バゲーラ

 フランス代表の2番バッターはマトラ・シムカ・バゲーラです。マトラは元々航空機産業に携わっていましたが、スポーツカーのスペシャリストにFRPの素材を供給した縁で自動車産業に進出。シムカはフィアットのライセンス生産で始まったフランスのメーカーで、マトラにはエンジンを供給していました。そんな両社のジョイントで誕生したモデルがバゲーラでした。マトラ・シムカ・バゲーラ

 側面図で見る限り、バゲーラはごく普通のコンパクトでスタイリッシュなクーペでしたが、正面に回るとその幅広さに驚かされます。全幅1735mmという数字自体は、それほど驚くに値しないのですが、それに対して全長は3975mmと4mを切っているので、相対的に幅広い印象が強調されることになります。マトラ・シムカ・バゲーラ

 そして前ヒンジの“普通な”ドアを開けると3人が横並びに座るフロントシートが現れるのです。セミセパレートシートとでも表現したらいいのでしょうか、シートバックは2名分が別体となっていながら、シートクッションは2名分が一体となっている、アレです。マトラ・シムカ・バゲーラ

 でもその左横にドライバー用のシングルシートが取り付けられているのは、いかにも奇妙な眺めでした。ただし、手回り品を置くスペースには困りませんでしたし、ミッドに積まれたエンジンの後方にはしっかりとしたトランクスペースも確保されていましたから、普段使いにも適したスーパーカーでした。

 オリジナルでは1.3Lの直4OHVエンジンで、この点では些かなりともエキゾチックでもエモーショナルでもありませんでした。しかし、後にプロトタイプでは直4エンジンを2列、並列に並べそれぞれのクランクをギヤなりチェーンなりで接続させる“U型”エンジンをトライしています。残念ながら量産には至りませんでしたが、これが唯一エキセントリックなエピソードでした。U型エンジン

リジェJS2

 フランス勢の最後を飾るのはリジェJS2です。リジェと言えば背の高いエアインテークで“ティーポット”と呼ばれたF1マシンのリジェJS5を思い浮かべる旧来からのファンも少なくないと思いますが、そのネーミングからも分かるようにJS2はJS5の兄貴分にあたります。リジェJS2

 1969年のパリサロンでリジェJS1としてデビューしたときにはコスワースDFVをミッドシップに搭載する“いかにも”なスーパーカーでした。ですが、1973年にはエンジンを、マセラティ・メラクやシトロエンSMに搭載されていた3L V6のツインカム(4カム)ユニットに換装したJS2に移行。リジェJS2

 1973年からは3年連続してル・マン24時間レースにも出走しています。ふたたびDFVに換装した1975年のル・マンでは、堂々の総合2位入賞を果たしています。何よりフランスらしいエスプリの利いたスーパーカーでした。

画像ギャラリー