「暴走族に入ったと近所で噂に」「実家から追い出された」! カスタムカー乗りの本当にあった辛すぎるエピソード3つ (1/2ページ)

「暴走族に入ったと近所で噂に」「実家から追い出された」! カスタムカー乗りの本当にあった辛すぎるエピソード3つ

この記事をまとめると

  • チューニングしていると目立ちやすい
  • 合法仕様であっても避けられてしまいやすい
  • 若者を襲った悲しきエピソードを3つ紹介

合法仕様でもご近所から暴走族に間違われて……

 まずは根っからのドリフターであるA君。小学生のころから学業は優秀だしあいさつもキチンとできる子で、ご近所さんからは「ウチの子にも見習わせたい」と評判だった。そんなA君が大学生になってハマったのがドリフトだった。一生懸命アルバイトをして先輩からFRの某4ドア車を購入、峠や埠頭に通うことはなく練習はもっぱらサーキットだ。

ドリフトのイメージ

 見た目こそハデなエアロにディープリムのホイール、ローダウンにステッカー多数と完全なドリフト仕様だが、マフラーは車検対応だし内装はフルバケにロールケージを組み、2名乗車で公認車検も取得した非の打ちどころがない合法マシン。ところが自慢の愛車を乗りまわすようになった途端、フレンドリーだったご近所さんたちが妙によそよそしい。あいさつしても反応が薄いしクルマですれ違えば目を合わせず、明らかに今までと違う態度に何かおかしいと気付いたそうだ。

 そんなとき母親から「暴走族に入ったとウワサになってる」と打ち明けられ、ショックを受けるも近所の人ひとりひとりに説明してまわるワケにもいかず。大学を卒業してに就職して通勤にも使うからと2ドアに買い換え、純正エアロとステッカーなしで乗ったら視線はだいぶ和らいだという。ただしA君は合法チューンなので本人に非はなく、偏見というかとばっちり的な要素が大きい。

マフラー交換で実家も友人宅も追い出される……

 同じく大学に入ってクルマ遊びを覚えたB君は、中古で安く手に入れたマフラーがヤバかった。触媒どころか消音するサイレンサーもなく、簡単にいうとステンレスの単なるパイプで、想像できるとおり相当なレベルの爆音だ。

ステンレスパイプ

 それを取り付けて意気揚々と帰宅したところ、両親がビックリして庭に飛び出してきた。理由を聞くと当然かもしれないがブチ切れられ、血気盛んな年代のB君も売り言葉に買い言葉で反論。とうとう「元に戻すまで家に帰ってくるな」と言われ、着替えなどをかき集めて家を飛び出したという。

 幸いひとり暮らしの友人が多く2週間くらいは転々としていたが、彼らにしても近所の目や評判を気にするのはB君の両親と変わりなく、徐々に歓迎されない空気となり家出から3週間と経たずに全面降伏。最後は大学に近い公園の駐車場で寝泊まりしていたが、度重なる夜間の職務質問に辟易しノーマルに戻したとか。もっとも違法改造であり、ご両親の対応は当たり前だ。

画像ギャラリー