数あるクルマオタクのなかでも異端! 数百万の投資もある高級工具沼の世界 (1/2ページ)

数あるクルマオタクのなかでも異端! 数百万の投資もある高級工具沼の世界

この記事をまとめると

  • より確実で快適な作業を求めるDIY派に人気の高級工具
  • 世界の高級工具ブランドと得意分野を解説
  • 自分の整備スタイルに合わせて賢く選びたい

各国の工具ブランドごとに得意分野がある

 高級工具のこだわりポイントはいくつかあるが、代表的なものを挙げると、ブランド、製造国、メーカーのストーリーや哲学、手で握ったときの感触、ネジやボルトやナットをなめない、しっかり締められる&緩められる、とにかく使いやすい、といったことになるだろう。

 あるひとつのブランドに惚れ込み、その銘柄の高級工具をいろいろ揃えてみたら総額が700万円でした! といったスゴイ事例も確認されているが、今回お話を伺った工具専門店「ワールドインポートツールズ横浜店」(https://www.worldimporttools.co.jp)のスタッフによると、ブランドごとに得意なハイエンドツールがあるので、それらをチョイスして一式揃えるのもアリとのこと。

世界中の工具を取りそろえる「ワールドインポートツールズ横浜店」

 ちなみに、その道のプロも来店している「ワールドインポートツールズ横浜店」は、クルマ用6割、バイク用3割、自転車用1割という感じの商品ラインアップで、同店のオリジナル商品もある。訪れるユーザーは40~50代が多く、神奈川および東京に住んでいる人がボリュームゾーンになるそうだが、なかには出張のついでに来店してくれる地方在住のツワモノもいるらしく、数多くの高級工具好きが25~26年という社史を誇るワールドインポートツールズを頼っているのであった。

ツールキャビネットはDIY派ならガレージにぜひ欲しいアイテム

何事にものめり込むのが自動車趣味人の性分だが、DIY派がこだわるモノといえば高級工具だ。ホームセンターや大手通販サイトで売っている数千円の安価な工具セットでもネジやボルトは回せるが、自動車趣味人たるもの、やはり、それでは気が済まないのである。