「ガタピシ」チューニングっていつの時代の話? いまどきの「快適で速くなる」自動車改造のワザ (1/2ページ)

「ガタピシ」チューニングっていつの時代の話? いまどきの「快適で速くなる」自動車改造のワザ

この記事をまとめると

  • チューニングカーは乗りにくいというのは過去の話
  • いまのチューニングは快適さと使い勝手を両立する
  • 純正よりも乗り心地が改善するアフターパーツも登場

今は扱いやすいチューニングメニュー01:
「タービン交換」

 まずはエンジンパワーアップ系でタービンを交換した場合から。昔は低速トルクがスカスカになったり燃費の悪化、ブーストの立ち上がりも唐突になることが多かった。しかし近年では制御系、すなわちECUが高性能化したり、レスポンスに優れたタービンが増えた影響もあり、以前のようにネガティブな話を聞くことは少ない。排気量に見合わないサイズのタービンだったり、吸排気系とのマッチングがよほど悪くなければ、チューニングの美味しい部分だけを享受できるはずだ。HKS製GTタービン

今は扱いやすいチューニングメニュー02:
「強化クラッチ」

 パワーアップとセットで考えられていた強化クラッチも、昔は重いうえ半クラが使えないなどと散々な言われようだった。渋滞で足がつりそうになったり坂道発進で冷や汗をかいた、なんて苦い記憶を持つ昔からのチューニングカー乗りも多いことだろう。

 そんな街乗りしにくいパーツの代名詞だった強化クラッチも、最近では大パワーや激しい走りにシッカリ適応しながら、軽く半クラも使える夢のような製品が多くなっている。ダートラやジムカーナなどで人気が急上昇している『セラメタ』の強化クラッチは、メタル製でありながらノーマルと勘違いするレベルの扱いやすさを実現しており、競技会場やサーキットまで自走しても疲れないなど、ユーザーから絶賛されている。エクセディ製強化クラッチ

その昔はチューニングカー=乗り心地が悪くて扱いにくいといったレッテルが貼られていた。しかし、チューニングパーツは進化しており車高調でも乗り心地は快適で強化クラッチですらノーマル感覚で操作できるモノも登場している。そんな最新チューニングパーツ事情を紹介する。