たまには家族で車中泊もしてみたい……街ときどきアウトドア派にオススメの予算100万円で狙える中古ミニバン4台 (1/2ページ)

たまには家族で車中泊もしてみたい……街ときどきアウトドア派にオススメの予算100万円で狙える中古ミニバン4台

この記事をまとめると

  • 街乗りがメインで、たまにアウトドアに行くならMクラスミニバンの一択
  • 半導体不足で新車が手に入りにくいなら、高年式のクルマがベスト
  • 予算100万円で狙えるMクラスミニバンを紹介

5ナンバーサイズ感覚で乗れるミニバンがオススメ

 普段は街乗りが中心で、ときどき家族で車中泊やアウトドアという用途なら、Mクラスのボックス型ミニバンがオススメだ。多くは5ナンバーボディが基本で、3ナンバーになってもボディパーツでやや車幅が広がるだけなので、ミラー・トゥ・ミラーの車幅は5ナンバーモデルと同等。つまり、3ナンバー車でも実際の運転感覚、車両感覚は全幅1695mmの5ナンバー車そのものなのである。

 とはいえ今、新車は半導体不足などモロモロの事情もあって納期は遥か先……ということもあり、すぐにでも乗りたいなら、多少、相場が上がっている時期とはいえ、中古車がお薦めだ。えっ、予算100万円で……そんな美味しい話って。じつはあります。

ホンダ・ステップワゴン(4代目/2009-2015)

 その筆頭が4代目ホンダ・ステップワゴン(2009-2015)。ボックス型ミニバンにして低床、低全高が特徴で、エンジンは2Lのみとなる。もちろん、エアログレードのスパーダも“中古車として”存在する。ホンダ・ステップワゴン

 この4代目はパッケージングの方向転換で初代に回帰した室内大空間が大きな特徴で、2-3列目席をフラットアレンジすれば、車内はもうお座敷、ベッドルームに大変身。当時のライバルのなかで走りがピカイチだったため、いま乗っても満足度は高いはずである。ホンダ・ステップワゴン

 100万円以下の中古車の年式としては2013年あたりが中心。走行距離は「みんなの楽」がテーマの4代目だけにけっこう走っているクルマも多いが、なかには6万キロ程度しか走ってない中古車もあったりする。

トヨタ・ノア&ヴォクシー(2代目/2007-2014)

 ステップワゴンが出てくれば、当然、ライバルのトヨタ・ノア&ヴォクシーも視野に入る。100万円以下の中古車ということであれば、2代目(2007-2014)となる。トヨタ・ノア

 2010年以降のノア&ヴォクシーにはバルブマチックという動力性能と燃費を両立した新エンジン+7速シーケンシャルシフトマチックが搭載され(以前はトップグレードのみ)、走行性能が一気にアップ。ヴォクシーのリヤビュー

 3列目席は世界初のワンタッチスペースアップシート仕様となる。7/8人乗りのほか、かなりレアなモデルとなるものの、2列シートモデルもあった。もちろん、3列シートモデルはシートアレンジによって車内をベッドルーム化することもたやすい。100万円以下で買える年式は2代目最後期型となる2013年式がほぼ上限となるはずだ。トヨタ・ヴォクシー

画像ギャラリー