気がつけばアルファードに惨敗! キング・オブ・ミニバン「日産エルグランド」の栄光を振り返る (1/2ページ)

気がつけばアルファードに惨敗! キング・オブ・ミニバン「日産エルグランド」の栄光を振り返る

新型の登場も噂される「キング・オブ・ミニバン」

 今ではトヨタ・アルファードやヴェルファイアに人気や販売台数で圧倒されてしまった、日産のフラッグシップミニバンである「エルグランド」。しかし、振り返れば、国産高級ミニバンの草分け的存在がエルグランドであり、現在の立ち位置を払拭すべく、ついに2023年にはフルモデルチェンジされるという噂もある。ここでは、そんな日産いわく、「キング・オブ・ミニバン」のエルグランドの歴史を振り返ってみたい。

唯一無二の「高級ミニバン」を開拓した「初代エルグランド」

 初代エルグランドの登場は1997年。それまでのワンボックス、「キャラバン」と「ホーミー」のミニバン版として発売されたのが始まりだ。駆動方式はキャラバン、ホーミー同様のFRで、エンジンは3.5L V6、3.3L V6、3.2L直4のガソリン、そして3L直4ディーゼルなどが揃っていた。スライドドアは左側のみ。ジャンボタクシーとしても使われ、当時は主だったライバルは不在で、多人数乗用車、高級ミニバンとして人気を博していた。翌1998年には今では日産車でおなじみの「ハイウェイスター」を追加。また、オーテックが手掛けた4人乗りの「ロイヤルライン」が、当時の日産の社長車として使われていた。

【関連記事】トヨタ「マークII」はいかにして「ハイソカー」となったのか? 「コロナから生まれた理想のコロナ」だった初代から振り返ろう

エルグランドロイヤルライン画像はこちら

豪華で快適な室内空間を進化させた「2代目エルグランド」

 エルグランドの2代目は2002年に登場(トヨタ・アルファードの初代も同年デビュー)。エルグランド専用のFRプラットフォームを採用するとともに、エクステリアデザインは一気に洗練され、リヤサスペンション、リヤブレーキも独立懸架、ディスクブレーキに進化。リヤスライドドアは両側に付くことになった。エンジンは初代同様の3.5L V6のほか、ベースパワーユニットは2.5L V6となり、コラムシフトからインパネシフトとなった5速ATと組み合わされる。

2002年から2010年まで生産された2代目エルグランド画像はこちら

 室内空間の広さは言うまでもないが、しかしFRプラットフォームゆえ、フロアは高かった。20年前のデータでも瞬時に出てくる(!?)当時の筆者の計測メモによれば、前席は1段目のステップ地上高365mm、フロアはそこから165mm高い530mm。スライドドア部分はステップ地上高380mm、フロアはそこから155mm高い535mmだった(高すぎだろ)。2列目席キャプテンシートの居住空間は、身長172cmの筆者のドライビングポジション背後で、頭上に195mm、膝周りに最大470mmと、当時としては広大。

フロアが高かったが車内空間は広かった画像はこちら

 フロアはフラットだが、シートスライドのレールの凸凹が気になった。3列目席は頭上に160mm、膝周りに180~425mm(2列目席シートスライド位置による)。つまり、2/3列目席ともに、よじ登り感ある乗降性はともかく、大人が快適に座れる空間が確保されていたことになる。なお、当時の10-15モード燃費は3.5Lが8.2km/L、2.5Lが8.6km/Lだった(JC08、現在WLTCモードでは当然、それを大きく下まわる)。

コラムシフトからインパネシフトになった画像はこちら

 とはいえ、トヨタ・アルファードのライバル出現によって、FRレイアウトによる室内空間、V6のみによる燃費性能といった点でアルファードに差を付けられたのも事実。しかも、FFとなるはずの次期型開発に時間がかかり、結果、2代目登場から8年におよぶロングライフモデルとなった。ここだけの話、エルグランドにはコンピュータのなかでほとんど出来上がっていた、2.5代目と言うべきモデルがあったらしいのだが、当時のゴーン社長以下、役員へのプレゼンでまさかのダメ出しをくらったのも、3代目の登場が遅れた原因のようだ。

V6エンジンのみで燃費性能は褒められたものではなかった画像はこちら