フツーの買い物グルマを変身させる「ワークスの魔力」! 圧倒的なスポーツ性が魅力のコンパクトカー3台 (1/2ページ)

フツーの買い物グルマを変身させる「ワークスの魔力」! 圧倒的なスポーツ性が魅力のコンパクトカー3台

この記事をまとめると

  • ベース車の走りの良さを際立たせたワークスコンプリート
  • 普通のコンパクトカーでもガラッとキャラ変
  • スポーツカー顔負けの走りを披露する3台を紹介

日産ノートオーラNISMO

 その筆頭は、日産ノートオーラNISMOである。ノート、ノートオーラは2021-2022日本カー・オブ・ザ・イヤー受賞車であり、e-POWERのみの標準車の完成度も極めて高い。それをベースに、レースの世界でワークスチームとして活躍するNISMOが手掛けたワークスコンプリートカーが、オーラNISMOだ。

オーラNISMOの外観

 そのエクステリアのカッコ良さ、特別感、完成度はハンパではなく、エクステリアでは基準車のノートオーラに対してNISMOのフロントグリル、バンパー、サイドシルプロテクター、リヤスポイラー、リヤバンパーをはじめ、専用17インチタイヤ、ワイドリムの7Jホイール、フロント&リヤLEDフォグランプなどを装備。

 前後オーバーハングも延長され、各所にレッドのアクセントカラーを施すとともに、前後バンパーのセンターにNISMOのエンブレムを配置している。ひと目でただのノートオーラとは違う存在感、迫力が際立つ仕上がりだ。ワークスならではのすごさは空力性能にも表れ、0.30のCd値はノートオーラ同様ながら、CL値(クルマを浮き上がらせる力)はノートオーラの0.11から0.03まで低減。結果、ゼロリフトボディによる操安性の向上、しっかりとした操縦性が期待できるというわけだ。

オーラニスモのリヤビュー

 国産ワークスコンプリートカーの多くは、パワーユニットに手を入れないのが一般的で、オーラNISMOも同様。だが、ドライブモードを専用化。熟練テストドライバー×ドライブシュミレーターによって設定されたドライブモードのうち、エコモードは、な、なんといきなりノートオーラのスポーツモード!(それがもっとも穏やかなモードになる)そして、その上にNISMOモードを新設定しているのだ。

ニスモモードの画面

 その上で、シャシーもNISMO専用のチューニングが施されていて、専用のタイヤ&ホイールはもちろん、ローダウンサス、モノチューブ式リヤショックアブソーバー、EPS(パワステ)、VDC/インテリジェントトレースコントロールなどにまで手が入っているのだ。

オーラニスモの足まわりイメージ

 インテリアにしても、ブラックとレッドのレーシーな世界が演出され、専用のレッドセンターマーク入りアルカンタラ巻きステアリング、シート表皮(OPでレカロシートを用意)を設定。さらに、レッドのスターター&ドライブモードスイッチやシートベルトにレッド基調のメーター、そしてNISMOエンブレムなどが配されるレーシーな空間がこれでもかっ!! と演出されている。運転席に座った瞬間から、アドレナリンが沸き上がること間違いなしなのである。

オーラニスモのインテリア

 その走りはスポーツテイスト満点。モーター駆動車ならではのトルク感とスムースさがあるのは当然として、エンジンを回したときのチューニングされた快音、前後バランスの良さ。そして接地性抜群な安定感の高さによる、痛快で気持ちのいいスポーツドライビングの世界を存分に堪能することができるのだ(意外に速く走れるのがエコモード)。

 見た目はもちろん、走ってもノートオーラとは別物であり、NISMOファンの期待を裏切らない仕上がりと言っていいのだが、その価格はノートオーラG(FF)に対してわずか26万円高。これはもう超お買い得以外の何ものでもないと断言できる。

トヨタGRヤリス

 次に紹介するのは、トヨタの定番コンパクトカー、ヤリスをベースにしたワークスコンプリートカー、GRヤリスだ。何しろ、ラリーのトップカテゴリーで活躍することを念頭にして開発されたという超本格派。そのラインアップは265万円の2WD RSから、4WDとなる396万円のRZ、そしてハイエンドモデルの456万円に達するRZ“ハイパフォーマンス”が揃う。

GRヤリスの走り

 製造は専用ラインのGRファクトリーで行われ、ボディはほぼアルミとカーボン製。どうせなら手に入れたいRZ“ハイパフォーマンス”は272psのスペックを持ち、ミッションは6速i-MT。1.6L直3ターボエンジンは怒濤の加速力を示し、コーナリング性能は刺激的そのもの。アクティブトルクスプリット4WD、225/40R18サイズのミシュランパイロットスポーツ4S+BBS鍛造ホイールによる乗り心地はほぼレーシングカーだ。

GRヤリスのリヤビュー

 実際サーキットで走らせた経験もあるが、公道では持て余すしかない超絶なパフォーマンスに圧倒されたのである。ただ、普段使いを重視するなら、RZの選択をお薦めする。

モータースポーツなどから得たノウハウを活かし、パフォーマンスアップした走りが自慢のワークスコンプリートカー。今回は、スポーツカーの走りがいいのは当たり前なので、フツーのコンパクトカーに手を加えて気持ちいい走りを披露するよう変身したモデルを3台紹介する。