流通台数が激減している! 第二世代GT-Rを買うなら「バカ高」でも今がラストチャンスだった (1/2ページ)

流通台数が激減している! 第二世代GT-Rを買うなら「バカ高」でも今がラストチャンスだった

この記事をまとめると

  • 人気の第二世代GT-Rのベストバイはどのモデルか?
  • トラブルを抱えた個体が多いなかで安心のモデルとは?
  • 部品供給に不安があるなか中古部品流通量はR32が圧倒的

多くのオーナー予備軍が指名買い
欲しいクルマがベストバイだが……

 代わりに増えているのは価格応談。つまり「本気の人以外は買わなくていいですよ!」という姿勢が強まりつつある。まあ、ほとんどのクルマが車齢20年以上で、R32/R33/R34いずれの車種もいつ何どき壊れてもおかしくない時限爆弾を抱えている。「販売店もリスクがあるのだから、買う人にも冷やかしなしで覚悟を見せてください」というワケだ。応談のプライスタグを付けたR34スカイラインGT-R

 また「R32/R33/R34のどれでもいいからGT-Rが欲しい」というのは買取店くらいで、第2世代のGT-Rを本気で次期愛車にと考えている人はほぼ指名買いだ。つまり、欲しい車種以外は興味がないので(昔はR34が高くて買えないからR32をという人が存在し、R33は指名買いの印象が強い)、真のベストバイはオーナー予備軍が欲しいクルマとなる。ただ、それでは記事がここで終わってしまうので、クルマとしてどれが一番長く乗れるかという視点でオススメ車種を検証していきたい。R32型スカイラインGT-R

 まず、第2世代GT-Rにはどのようなグレードが存在するのか? BNR32(1989年~1994年)は、性能に影響する点で大まかに区別すると前期型の標準車/NISMO、中後期型の標準車/Vスペック系の4タイプがある。前期型と中後期型(1991年8月以降)の違いはサイドインパクトビームの有無。NISMOは前期型のレース参戦ベース車で冷却効果と空力性能向上のエアロパーツを装着し、ABSが取り外されるなど軽量化が図られたモデルだ。Vスペックは後期型ベースで大型のブレンボ製ブレーキを装着しているのが、標準車との違いだ。

14年間の歴史のなかで究極のドライビング
プレジャーを求めて絶えず進化

 BCNR33(1995年~1998年)は標準車とVスペックの2タイプで、これに前中期型と後期型で差異がある。前者はメカニカルLSDだが、後者は電子制御LSDを駆動系をきめ細かくコントロールするアテーサE-TSプロとなり、タイヤ銘柄/サスペンションのセットアップがハード仕様となる。前中期型と後期型の違いはボディで、1997年2月以降の後期型にはトランク内に補強パーツが組み込まれ、剛性がアップしている。R33型スカイラインGT-R

 また、R33のプラットフォームをベースにホイールベースを短縮し、ボディ剛性を強化したBNR34(1999年~2002年)は、R33と同じく標準車とVスペック系で区別され、メカニズム面の違いも準ずる。R34ならではの相違点は空力システムの有無で、後者はフロントアンダースポイラーとリヤディフューザーを装着。さらに後期型のVスペックⅡにはエアダクト付きカーボンボンネットが追加採用され、タービンの冷却性を高めている。また、標準車とVスペック以外にMスペックと呼ばれるグレードが存在。このモデルはVスペックをベースに新開発のリップルコントロールダンパーを装着し、スタビライザー径を見直すことで、グランドツーリング性能を目指した大人のGT-Rの位置付けだった。R34型スカイラインGT-R VスペックⅡニュルの走り

画像ギャラリー