日本のVIPが熱視線! センチュリーじゃムリでもアルファードなら超快適アウトドアまで可能だった (1/2ページ)

日本のVIPが熱視線! センチュリーじゃムリでもアルファードなら超快適アウトドアまで可能だった

この記事をまとめると

  • VIPカーの勢力図が高級サルーンからラグジュアリーミニバンに変わる
  • なかでも2018年1月のマイチェンを機にアルファードがVIPカーを席巻
  • ショーファーカーはもちろんアウトドアカーで最強を誇る理由を検証!

威風堂々としたスタイリングの確立で敵なしの人気を誇るアルファード

 以前からセダン(サルーン)離れは始まっており、VIPカーとしてミニバンが重宝されるようになっていた。なかでも2018年1月のマイナーチェンジで、より一層高級な仕立てとなった3代目アルファードの後期型の登場で、一気にVIPカーとしてのポジションを確かなものにした。

 その要因はさまざまだが、まずはエグゼクティブカーとしての見映えの向上だ。エクステリアでは、おもにフロントマスクを大きく変更。意外なのはマイナーチェンジで顔つきの変化幅がより大きく感じられたのはアルファードで、もはや迫力と押し出し感では精悍な2段構えのヘッドライトを持つヴェルファイア以上の存在感となった。アルファードのフロントマスク

 実際にマイナーチェンジ以降、アルファードの販売台数が激増している。さらに要人の移動に不可欠な先進安全運転支援機能の拡充も見逃せないポイントだ。普及を目的とした第2世代のトヨタセーフティセンスが新たに採用されたことに加え、3.5L V6エンジンも刷新。海外で北米仕様のカムリなどに搭載されている直噴+ポート噴射D-4Sの2GR-FE型に換装され、最高出力/最大トルクは前期型の280ps/35.1kg-mから一気に301ps/36.8kg-mへと強化された。トランスミッションは6速ATから8速ATとなり、ブレーキはベンチレーテッドディスクの大径化で強化されており、その内容はビッグマイナーチェンジと言っていいほどの内容だ。

エグゼクティブラウンジにもエアロ仕様を追加
人気にさらなる拍車がかかる

 さらに世のエグゼクティブたちをこれでもかと誘惑する進化もあった。それは700万円超えのエグゼクティブラウンジである。このトップエンドグレードはそれまで標準ボディのみの設定であったが、VIP顧客の要望に応え、待望のエアログレードを新設定。ただしガソリン車と違い、タイヤは操縦安定性重視の18インチではなく乗り心地に配慮した17インチをあえて採用。威風堂々とした存在感とスタイリッシュさとともに乗り心地、快適性にまで配慮されたこれぞVIPカーと言える、まさにエグゼクティブな極上のアルファードが誕生したのである。アルファードHVのエグゼクティブラウンジに装着の17インチタイヤ&ホイール

 このマイナーチェンジではボディ剛性の強化はもちろん静粛性の向上も目玉で、フェンダーライナーの吸音材張り付け、ダッシュサイレンサーの遮音用樹脂フィルムの多層化、ステップ部内部の2重シール材構造など、室内に侵入するエンジン&ロードノイズを徹底的に低減。さらにドアミラーベースを風が外側に流れる後端形状に変更し、風切り音の低減をも実現したのである(全グレード共通)。さらにエグゼクティブラウンジに至っては、フロント&スライドドアのガラスをラミネートタイプとし、ドアの密閉性を一段と高め、より入念な遮音対策が施されているほどだから完璧だ。

画像ギャラリー