見た目重視のカッコつけじゃなかった! いま4本出しなどマフラー出口の本数が増えている理由 (1/2ページ)

見た目重視のカッコつけじゃなかった! いま4本出しなどマフラー出口の本数が増えている理由

この記事をまとめると

  • かつてはスポーツマフラーも片側1本出しが主流だった
  • 最近は純正でも両側2本出しや4本出しのクルマが増加
  • おもな理由は騒音規制への対策

出口が多い方が騒音を抑えやすくなる

 これまでノーマルマフラーといえば片側にだけあるのが普通で、逆側に給油口があるというのがお約束だった。しかし、最近ではノーマルでも両側に排気口がある車種が増えている。アフターパーツのマフラーでも同様で、スポーツマフラーといえば以前は軽量化を考えて1本出しが主流だったのだが、アフターパーツのマフラーでも両側出しが増えている。

 近年両側出しマフラーが増えている理由は、騒音面での対策がメインと考えられる。年々騒音規制は厳しくなっていて、現在販売中の車両でも騒音規制への適合のためにマイナーチェンジを図る車両があるほど。となると、できるだけ排気系の容量は大きくしたい。出口がひとつよりもふたつのほうが、1本あたりの負荷も減り、音量も抑えやすくなる。

スポーツカーでは純正で4本出しマフラーのモデルも増えてきた

サイレンサーの大きさと配置が重要な要素

 アフターパーツのマフラーでは、「1本出しこそスポーツマフラー」というイメージが強かった。今も1本出しスポーツモデルは多いが、マフラーの事前認証制度を通すにはかなり消音しなければならない。そうなるとできるだけ大きなサイレンサー容量が欲しくなる。

 だが、1本出しだとサイレンサーは縦に置くのが普通で、フロアには近年アンダーパネルがある車種もあり、なかなか大きなサイレンサーを装着できない。そうなるとどこかでパイプ径を絞りでもしないと音量を抑えることができない。パイプ径をしぼると静かになるが、排気効率も一気に悪化してしまう。

 そこで増えたのがバンパー内にサイレンサーを横置きにするタイプや、2本に分割してからサイレンサーを取り付けるタイプのマフラーだ。どちらもサイレンサーの容量が大きく取れるので、排気効率の良さは確保したまま消音させることができるのだ。

フロア下に大きなサイレンサーを置けない場合2つに分割して容量を確保する

かつてはノーマルマフラーはもちろん、スポーツマフラーでも片側1本出しが主流だったが、最近では両側2本出しのスポーツマフラーも増えていて、純正で4本出しを採用しているスポーツカーもある。その理由は見た目の雰囲気に加えて、排気系の容量が欲しいからだ。