オフロード感全開なのに街でも映える妙技! SSR新作「ディバイドTR-6」の存在感がヤバい

オフロード感全開なのに街でも映える妙技! SSR新作「ディバイドTR-6」の存在感がヤバい

この記事をまとめると

  • SUVをターゲットにしたブランド「ディバイド」から堅牢強固なTR-6に注目!
  • シンプルな6スポークをコンケーブさせた躍動感のあるスタイルを魅せる!
  • 個性を主張するギミックを投入! 所有欲をくすぐる圧巻スタイルを採用!

【DEVIDE TR-6/ディバイドTR-6】

 タフ&スポーツを意識したSUVをターゲットに、ホイールだけでなく足まわりも含めたトータルコーディネートを提案するブランド「ディバイド」。そんなディバイドの2022年モデルとなるTR-6は、力強さが全身からあふれる、アゲ系SUVに最適な1ピースだ。堅牢さに満ちた6本スポークは、見た目だけでなく強度と剛性を兼ね備えることにも配慮。エッジ部分にはミーリングという精密切削を施し、硬質かつ上質な装いとしているのも絶妙だ。ディバイドTR-6を装着したRAV4のスタイリング

 ナチュラルにコンケーブさせたフェイス形状となるため、車格のあるSUVと合わせても格負けせず、モノブロックでありながら表情に奥行き感が備わるのもポイント。リムフランジには切削を施し、スクエアなディンプルとピアスとを連ねることで、別体風なビードロックリングを彷彿とさせるフィニッシュとしているのもアグレッシブだ。また、サイズレンジが広く、軽カーからジムニー、RAV4やエクストレイル、デリカなど主要ヨンクとの相性はバツグン。本気のオフスタイルはもちろん、スマートな街オフ系でも映える一本だ。ディバイドTR-6のサイズ・価格

話題沸騰「ディバイドTR-6」のディテールをチェック!

 堅牢で強靭な印象がダイレクトに表現された6本スポークは、先端へ向かうにつれて幅を狭めるなど、オフ度も高いがしっかりスポーティ。うち1本にはディバイドの刻印も刻まれるなど高級感も上位だ。ディバイドTR-6のスタイリング

 リムフランジには切削処理を施し、まるで別体のビードロックリングのようなテイストを実現。センターキャップはヨンクのハブ形状をイメージした意匠で精悍なマットブラック。そのギア感は絶大だ!ディバイドTR-6のディテール

3ピースのディッシュデザインにも注目!

【DEVIDE Xrosswuch/ディバイド・クロスバッハ】

 往年の名作、アウスバッハをオマージュした3ピース。独特のパターンデザインのようなディスクと、着脱可能なロックプレートとのコンビがメカニカルだ。ぐるりと全周に配置されたピアスボルトなど、無骨ながら高品位だ。ディバイド・クロスバッハのスタイリング

SPECIFICATIONS(SIZE/PRICE※in TAX)
■16インチ(5.5J~9.5J)/¥71,500~¥80,300
■17インチ(5.5J~12.0J)/¥79,200~¥93,500
□カラー:フラットガンメタリック・ロックプレートブラッシュブラック仕様

【詳しくはこちら】
タナベ
☎072-728-6700
https://www.rd-tanabe.com/

画像ギャラリー