さすが日本で一番売れてるジャンル! 軽自動車だらけ280台が集まったミーティングの熱量がハンパない【KING OF K-CAR MEETING】 (1/2ページ)

さすが日本で一番売れてるジャンル! 軽自動車だらけ280台が集まったミーティングの熱量がハンパない【KING OF K-CAR MEETING】

この記事をまとめると

  • 日本最大級のカスタム軽自動車のイベント
  • ノーマル+αからフルカスタム仕様まで280台が集結
  • オフ会的イベントで多くのカスタム好きが交流した

事前申し込みなしで入場料1000円! 思い立ったら即来られるのが魅力

 カテゴリーは定番のハイト系から今注目の軽トラまでジャンルは幅広く、カスタマイズもノーマル車両から雑誌の表紙を飾るような本気で仕上がったクルマまで、バラエティ豊か。しかし、見ているだけでお腹いっぱいになるガチ車両が勢揃いなドレスアップコンテストとはテイストが異なり、ノーマル+αから本気組まで、さまざまな軽カーカスタムの奥深さを楽しむようなイベントだと思う。

オールジャンルな会場の雰囲気

 しかも、面倒な事前申し込みの必要なし、入場料も1000円とこの手のイベントとしては格安だ。当日思い立ったら来られる気軽さ(ただし、駐車場枠が埋まったら受付終了)と、懐の負担も最小限という気楽さから、毎年駐車場の枠いっぱいに迫る300台前後が参加。SNSで知り合った人とリアルに集えるオフ会の場所として活用するオーナーも年々増え、チームののぼりが立つようになってきたのも最近の特徴だ。

 また、場所の移動も自由なので思い思いに仲間と記念写真を撮るなど雰囲気はじつにアットホーム。「軽のカスタマイズマーケットを盛り上げたい」という、主催者の思いは大成功ではないだろうか。

VIP系は減り純ベタが台頭 カスタマイズのトレンドは年々変わる

 軽自動車のマーケットが新陳代謝するように、カスタムカーの傾向も徐々に移り変わっている。以前は大きな前後バンパーにブリスターフェンダーを装着し、強烈なキャンバーを付けたVIP仕様が主流であった。だが、最近はエアロパーツが控えめとした、純ベタ(純正ボディなのに車高だけ低い)にこだわる車両も増えている。

ダイハツ・ネイキッド

 顔面スワップも大幅チェンジではなく、兄弟車移植(ワゴンR→スティングレイ)のような、分かる人に分かればいい的なツウ好みのカスタムが今回は複数台見られた。また、ジャンルもユーロ、アメリカン、キャル、アゲなど幅は広がりを見せ、これが軽カスタムを面白くしている。

 カテゴリーはワゴンR/ムーブ/ライフなどのハイト系のシェアは減り、代わりに台頭してきたのが軽トラと軽バン。安定の人気を誇るのはスペーシア/N-BOX/タントなどの超ハイト系で、いまだ絶好調のジムニーを見なかったのは、もはや従来のカスタムカーとはジャンルが異なり、単独でイベントを開催しているためか。

画像ギャラリー