もはや原型不明! ハコスカ風街道レーサーに変身したワゴンRに目が点【KING OF K-CAR MEETING】 (1/2ページ)

noteで書く
もはや原型不明! ハコスカ風街道レーサーに変身したワゴンRに目が点【KING OF K-CAR MEETING】

この記事をまとめると

  • KING OF K-CAR MEETINGが5月1日に開催
  • 280台の個性的なカスタム軽自動車が集結
  • 存在感バツグンだった街道レーサー仕様を紹介

23年前にバニングから大改造し往年の国光カラーをまとった

 ベースとなったのは初代スズキ・ワゴンR(ド初期の2&1ドア)で、製作したのはなんと23〜24年前という。元々はカスタムオオフチ(Tさんがバニングカスタムでお世話になっていたショップ)製フルエアロが装着されたピンクのバニング仕様で、奥さんが気に入って乗っていたそうだ。

ワゴンRのリヤビュー

 それをTさんがいじり始め、バニングからヤン車にしたら「こんなのいらない」とそっぽを向かれたそう。「だったら好きにさせてもらうよ」とカスタム熱が炸裂し、今のスタイルに行きついたという。

 サイドビューを見るとワゴンRと分かるが、特徴的なロングノーズ(何とベースはGX71用クレスタのボンネット、しかもハコスカと同じ逆ヒンジで開く)、ケンメリ用を分割して取り付けた丸目4灯ヘッドライトに剥き出しオイルクーラー、ハコスカ用のチンスポを装着した街道レーサーの威圧感あるフロントフェイスは、ワゴンRの面影一切なし。

ワゴンRのフロントマスク

ハノ字をかいたネガキャンではなくポジキャンスタイルである理由

 リヤバンパーをくりぬいて装着したコンビネーションランプは本物のハコスカ用で、大型のリヤウイングは社外のエスティマを流用。少し跳ね上がったデザインが往年のハコスカレーシングのイメージを投影している。

ワゴンRのリヤウイング

 ただし、エンブレムがハコスカではなくR32GT-R用だったり、マフラーのエンド部をCBX400Fのヨシムラサイクロンに交換し、斜め出しにするなど完全な正統派ではないが、ちょっと抜け感がある玩具っぽさがいい。

GT-Rエンブレムとテールランプ

 ホイールはSSRメッシュの当時モノで、フロント7.5Jでリヤ9.5J。この極太ホイールにタイヤを引っ張り気味に組み込み、ポジキャン気味にセットしている。なぜキャンバーを付けないんですかと尋ねると、「昔の街道レーサーは付けていなかったし、あとは長距離を走るとタイヤがすぐ減っちゃうから」とTさん。

タイヤ&ホイール

 インテリアは内装をすべて取っ払い、その上で全体をホワイトにオールペン。赤のロールバーはなんとAE86用で、ドアの内張りにはステンレスパネルを貼り、助手席の前には3連メーターをレイアウトすることでレーシーな雰囲気に。ただし、メーターは配線されておらず、あくまでも演出のための小道具だという。

インパネ

 そのほか、コブラタイプのバケットシート/水野ワークス限定の小径ステアリング/ブタケツ・ローレル用サイドウインカー/ビタローニのミラー/ACのドリンクホルダー/水中花シフトノブなど、街道レーサーの定番アイテムが満載。往年のファンにはどれも懐かしい。

シート

noteで書く

画像ギャラリー