車高が40インチだからGT40!? ル・マン4連覇を遂げた伝説のレーシングカーとは (1/2ページ)

車高が40インチだからGT40!? ル・マン4連覇を遂げた伝説のレーシングカーとは

この記事をまとめると

  • フォードGTは1964年にプロトタイプが登場
  • 改良を加えながらレースに参戦し結果を残していった
  • あらためて同車の魅力を振り返る

マスタングのセールスプロモーションの一環として始まったレース活動

 フォードとモータースポーツの関係と言えば、コスワースを支援してF1GP用の傑作ユニット、DFVエンジンを誕生させたことが有名ですが、じつはスポーツカーレースでも戦いの最前線にいたことがありました。それは1960年代半ば、初代マスタングを売り出すにあたり、モータースポーツで企業イメージを高める必要があると経営陣が判断したのがきっかけとなりました。

 彼らが最初にとったのは、大メーカーである彼らにとってもっとも簡単なプラン、活躍しているチーム/コンストラクターを買収する方法でした。具体的には当時のスポーツカーで王座を欲しいままにし、ル・マン24時間レースでも敵なしの活躍を見せていたフェラーリ(の実戦部隊であるスクーデリア・フェラーリ)を買収すべく交渉を始めました。

 話は途中までは順調に進んでいきましたが、いざ調印という段階になって頓挫してしまいます。GPチームの指揮権をめぐって両者の思惑違いが発覚し、エンツォ・フェラーリが激高して交渉が決裂してしまったのです。そこでフォードが選んだ次善の策が、オリジナルのレーシングマシンを製作するプロジェクトでした。

 もちろん、大メーカーではあっても、いや大メーカーだけに、フォード自身にはレーシングマシンを製作するノウハウなどありません。そこでイギリスのコンストラクター(レーシングカー製造者)であるローラ・カーズとジョイントして、フォード・アドバンスド・ビークル(FAV)を設立。アストンマーチンのマネージャーだったジョン・ワイヤーをマネージャーとして招聘し、ローラのエリック・ブロードレイなどが総力を挙げてオリジナルマシンを製作することになったのです。フォードGT

 FAVではローラMK6GTをベースにしたプロトタイプが1964年に完成し、フォードGTの名で発表されました。ただし40インチ(約1016mm)と低い車高が大きな特徴で、誰言うともなくGT40と呼ばれているうちに正式名称になったことと、実際の車高が40.5インチ(約1028mm)だったのは有名なエピソードです。フォードGT

 1964年に完成したプロトタイプは、ローラMK6GTと同様のツインチューブ・モノコックに4.2LのプッシュロッドV8を搭載していました。ただし、初号機は開発時間を短縮するためにアルミパネルではなくスチールパネルで成形したツインチューブを使用していたと伝えられています。フォードGT

 エンジンの出力は通常の376hpから24時間を走り抜くために再チューンされ、350hpとなっていました。FAVから同年のニュルブルクリンク1000kmで実戦デビューを果たしたフォードGT40(のプロトタイプ)は、予選2位と速さを示しましたが決勝ではレースの3分の1を走ったところで車両トラブルからリタイアしています。

 大きな目標としていたル・マン24時間には3台体制で臨んでいましたが、まずはニュルブルクリンク1000kmの前に行われたテストデーでは、2台がクラッシュするという酷いデビューイベントとなってしまいました。そのために実戦デビューとなったニュルブルクリンクではシングルエントリーとなっていましたが、ル・マン24時間の本番は、当初の予定通り3台でレースウィークを迎えることになりました。フォードGT

 予選では速さをアピールするかのように2番手、4番手のタイムをマークしていましたが、やはり決勝ではトラブルに見舞われて3台揃ってリタイアとなってしまいます。アメリカのビッグ3で一角を占める大メーカーのフォードも、ル・マン24時間の厳しい洗礼を受けることになったのです。フォードGT

画像ギャラリー