なんと総額800万円オーバー! 究極スタイルを目指すワゴンRスティングレーに圧倒されっぱなし【KING OF K-CAR MEETING】 (1/2ページ)

なんと総額800万円オーバー! 究極スタイルを目指すワゴンRスティングレーに圧倒されっぱなし【KING OF K-CAR MEETING】

内外装フルコーデされたドレスアップカーの極みといえる1台

 乗用車タイプからトラック、ノーマルからカスタマイズカーまでバラエティ豊かな車種が、岡山国際サーキット臨時駐車場を彩った2022年のKING OF K-CAR MEETING。全国各地から集結した280台のなかから、これまで厳選した参加車両を紹介してきたが、最後に「これぞドレスアップカーの極み」というマシンをピックアップしよう。

「雑誌の表紙を飾りたい!」それがカスタマイズの原動力

 取材班が選んだのは、徳島県からやってきたNさんの3代目のワゴンRスティングレー(以下スティングレー。ワゴンRとしては5代目)。「雑誌の表紙を飾りたい」というのがカスタマイズの原動力で、すでにドレスアップカーコンテストでは上位となり、雑誌デビューはもちろん、念願だった表紙も飾るなど本気で取り組んだ上級コーデマシンだ。

 機動戦士ガンダムのモビルアーマー「ザクレロ」をイメージさせるような開口部を持つ大胆なフロントバンパーは、バタフライシステムのスティングレー用とSADカスタムジャパンのハイエース用を短縮加工したニコイチ。その中央部には大型インタークーラーをセットし、独特のパイピングレイアウトでフェイスにさらなるインパクトを加えている。軽自動車には大きすぎるサイズのため、ダミーですか? とNさんに問うと「効果はともかく活かしています」との返事。

【関連記事】【ミニバン&ワゴンのカスタマイズ30年史】車高短ブーム到来! 「シンプル」&「ラグジュアリー」全盛の2000年代前半とは

フロントマスクのインタークーラー画像はこちら

フロント60mm&リヤ100mm拡大で限界インセットの9Jをインストール

 マフラーも、フロントのイメージに合わせた取り回しで魅せるワンオフデザインだ。まずバタフライシステムのバンパー中央を大きくカットし、前からきたパイプを左右に振り分けて両側にサイレンサーをマウント。エンド部は大口径の4本出しで、中央部下にはワンオフのアンダーディフューザー&バックフォグを組み、スポーティさとボリューム感を上手にミックスさせている。

リヤのマフラー画像はこちら

 迫力ある前後バンパーデザインに合わせて、左右にグッと張り出したフェンダーはフロント60mm、リヤ100mm拡大し、フロント8J、リヤ9Jのスーパースター・ライゼをインストールする。センターフェイスがカッパークリアで、深さのあるリムはアウターがブラッシュド(ブラシ掛けしたような流れるような研磨痕を付ける加工)、インナーがブラックと細かくカラーを指定。カスタム上級者ならではこだわりを満載している。

フロントのタイヤ画像はこちら