異常な旧車の中古価格高騰! ブームに乗って暗躍する「怪しいブローカー」の存在 (1/2ページ)

異常な旧車の中古価格高騰! ブームに乗って暗躍する「怪しいブローカー」の存在

この記事をまとめると

  • ネオクラ世代の旧車でも4桁万円の値付けが当たり前
  • 旧車ファンを悩ませる価格高騰が起こる理由とは
  • 旧車価格高騰の裏で暗躍するブローカーの存在

ネットオークションを活用する旧車ブローカーが増えている

 ブローカーとは、仲介人、仲買人のことで、売主と購入者の間における契約成立や売買合意に至った場合に紹介料という名目で売主から報酬を受け取っている人のことである。ここ最近のインターネットなどの普及により、ブローカー業も多様化してきており、展示場はないがストックヤードなどへ在庫車を集め、大手のインターネットオークションなどを介して販売活動を行っているケースも確認されている。ネットオークションに出品された旧車

 自宅兼事務所や小さなプレハブの店舗があり、クルマの下取りも可能という。だが、信用の問題でオートオークションの会員資格を得られなかったり、さらに中古車情報サイトへの在庫掲載が難しいほか、ローンの取り扱いができなかったりするため、誰でも参加できる大手のインターネットオークションで販売しているのだ。

画像ギャラリー