うまくいけば安価に入手できる可能性! 効果抜群の純正パーツ流用チューニング3選 (1/2ページ)

うまくいけば安価に入手できる可能性! 効果抜群の純正パーツ流用チューニング3選

国内最高峰のレーシングカーも純正流用!

 スーパーGT300クラスで活躍する名門プライベーター『つちやエンジニアリング』。今期はGRスープラをベースにしたオリジナル車両を製作、参戦している。そのGTマシンのドアミラーは小型でスタイリッシュなことから、S660の純正を使っているという。

 良い純正パーツをほかの車種で使ってはいけないルールはもちろんない。使えるものはどんどん使って、クルマを進化させていきたいところだ。そして、そんな、結構使える純正パーツにはどんなものがあるのか。

オススメその1:R32GT-R純正ホイール

 16インチ×8.0J インセット30という、16インチながらなかなかのリム幅を持つR32GT-R純正ホイール。BBS製の鍛造ホイールで高い剛性を持ちつつも、軽量に仕上げられた、さすがGT-R用ホイールと言うべきものなのだ。

【関連記事】日産R32「スカイラインGT-R」との出会ってすべてがはじまった! 「TMワークス」はゼロヨンとともに今も成長中

32純正ホイール画像はこちら

 PCDも114.5 5Hなので、いまだに履けるクルマは多数。最近だとあえてサイズダウンでタイヤの扁平率をアップさせ、スイフトスポーツに履かせる人も見られる。

オススメその2:スバル車と86に使えるメンバーボルトなど

 フロアまわりの構成が似通っている86/BRZとWRX STI。どちらも年次改良で進化していくスバルらしいシステムを採用している。そこで使えるのが純正ボルトだ。

 アプライドが進むにつれて、ボルトが長くなったり、フランジ部が厚くなったりしている。これにより、ボディとの締結をより高める方向にモディファイされていることがあるのだ。

 さらに、特別仕様車のBRZ tSや86GRMNだけに採用されている部分もあり、これらも流用するとハンドリング向上に効果的なのだ。

サブフレームのボルト画像はこちら

 具体的にはサブフレームの締結ボルトだが、ステアリングラックのマウントも効果的。ノーマルはメンバーに差し込んで留めているだけだが、BRZ tSでは貫通ボルトとナットで留める方式になっていて、ステアリング剛性をアップさせることができるのだ。

ステアリングラック画像はこちら

 こういった流用パーツはアプライドが進むと徐々に進化しているので、どの部分が流用が効果的で、どこは愛車はすでに改良後のボルトが入っているかは熟知したお店で判断してもらいたい。