アウトドアブームでギア戦争激化! ホームセンターのPBが「安ウマ」っぷりがスゴイ (1/2ページ)

アウトドアブームでギア戦争激化! ホームセンターのPBが「安ウマ」っぷりがスゴイ

ホームセンター各社がアウトドアPBに進出

 キャンプブームの波に乗り、アウトドアメーカーとは異なる他業種が市場へと参入したことで熾烈な戦いが繰り広げられています。身近な所では「ダイソー」や「セリア」などの100円ショップや作業服の販売で絶大なシェアを誇る「ワークマン」などが大きな話題になっています。ですが、忘れてはならないのが「ホームセンター」の存在です。

 DIY用品を取り扱うホームセンターは地域に密着した頼れる存在であり、おもに日用品、大工用品、ペット用品、レジャー用品などを取り扱っていましたが、最近はキャンプギアを始めとしたアウトドア用品の販売スペースを拡大しています。ホームセンターのなかには「PB」と呼ばれるプライベートブランドを展開し、高機能かつリーズナブルな価格設定はキャンプマニアたちからも一目置かれるようになりました。

 キャンプブームという追い風を受け、勢いのある他業種の市場参入により「キャンプ道具=アウドア専門店」と言う構図は成立しなくなったと言っても過言ではありません。そこで、今回は「ホームセンター」に注目し、その謎と魅力に迫ってみようと思います。

ホームセンターは熾烈な戦国時代に突入

 ホームセンターは地域に密着した日用品を販売し、その地域に住まう人たちの暮らしを支えていることもあり馴染のあるホームセンターが全国展開をしていると思っている人も多いはず。しかし、ホームセンターは地域によって出店エリアに偏りがあり、馴染みの深いホームセンターでもじつはその地域だけの存在……という場合も少なくありません。

【関連記事】1560万円で憧れのキャンパーライフ! 米国で大人気の「ソリスポケット36A」は日本の道路状況にもぴったりでした

ケーヨーデイツー(DCMグループ)のアウドドアチェア画像はこちら

 そんなホームセンターですが、最近は合併吸収などを繰り返しながらつねに勢力図が塗り替えられているのは知られざる事実。急速に規模を拡大しているのが「DCM」と呼ばれるホームセンターの連合軍で、「カーマ」、「ダイキ」、「ホーマック」、「サンワ」、「くろがねや」、「ケーヨーデイツー」などを持つ巨大グループとして台頭し、日本全国に1400店舗を越える出店を実現しています。

 DCMグループのほかにも「カインズ」、「ナフコ」、「コメリ」、「ロイヤルホームセンター」、「ビバホーム」、「コーナン」などが各地域を支え、ホームセンターは生き残りを賭けた戦いとしてアウトドア市場に力を注ぎ始めているのです。

DCMグループのBBQグッズ画像はこちら

魅力的なホームセンターのアウトドア用品

 ホームセンターが展開するアウトドア用品は急速な高機能化が進み、アウトドア専門ブランドにも負けない存在感を持ち始めています。以前までは有名ブランドの商品や最低限の機能を持った行楽用品を取り扱っていましたが、最近では「PB」と呼ばれるオリジナルブランドの商品を次々とリリースし始めています。

 ホームセンターが取り扱うPB商品は有名アウトドアブランドの製品と比べても劣ることのない機能性を持ちながら、市場価格で半額から1/3程度の価格で販売されているのですから、キャンプ好きが見逃すはずはありません。その魅力は機能性だけでなくデザイン性もトレンドを取り入れたものとなり、海外の有名ブランドと引けを取らないまでに進化を遂げています。

カインズのPBアウトドアグッズ画像はこちら

 ソロテントは高い耐水性と付属部品をセットにしてアンダー1万円から手にすることができ、ハードクーラーボックスなどは人気ブランドと同様の保冷性能とデザイン性を持ちながらも、半額以下で用意されているのです。アウトドア専門店で家賃の何倍もするテントや、自宅で使っている電子レンジよりも高価な焚火台を見て「手が出ない」と諦めていた人にとって、ホームセンターのPB商品が救世主になることは間違いありません。

 最近は焚火ブームに乗るように、各ホームセンターから独自のデザインと機能性を持つファイヤーピット(焚火台)がリリースされています。新製品のなかには憧れだった二次燃焼式を採用した商品もあり、驚くことに6000円台で手に入れることができるのですからこれを狙わない手はありません。異業種とはいえDIY用品や工具、建材などにも精通したホームセンターでは使い勝手もしっかりと考慮され、取り扱う薪のサイズがピッタリと収まるサイズ感や付属品もセットされているのも大きな魅力になっています。

カインズの2WAY焚火台コンロ画像はこちら